新着Pick
221Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サウジとは最近少し距離があるとは言え、対ロシア・イラン・トルコとは共同戦線を張るUAEが増産に踏み切りました。
とは言え既に織り込み済みだったようで、まだバレルあたり30ドル前半の攻防。
要はサウジ陣営(OPEC)、ロシアのどちらも、あるいはもう一つのプレーヤであるアメリカ(シェールオイル)も含めて、どこも苦しいけど、とはいえ決定打を与えられない水準の殴り合いの様相を呈しています。

このまま消耗戦でサウジかロシアのどちらかがギブアップするのか、双方痛み分けで終わるのか、あるいは高コストのシェールが市場から叩き出されるくらいまで両国が安値焦土戦術を取るのか、その結果によっては相当なインパクトを世界経済に与えかねません。

日本にとってはシェール採掘会社の破綻でハイイールド債市場が崩壊し、金融に影響が出ない程度の原油安で、各国が潰し合いをしてくれる展開がベストですが、とは言え現状は各国がどこに勝敗ラインを引いているのかが今ひとつ読みきれない状態です。

コロナ後の世界経済に大きな影響を与えかねないことなので、今後慎重に様子をウォッチする必要があります。
表明を受けても、WTI原油は33ドルと、今のところレンジをさらに変えるようなインパクトにはなっていない。
https://nikkei225jp.com/oil/
火に油を注ぐとはまさにこのこと。Covid-19で需要が激減するなか、増産するとは。OPECとロシアの原油戦争に突入。その影には米国シェールvsロシアの戦いもある。

化石燃料もコロナウィルスに感染してしまったようです。
まさに、ゲーム理論の「囚人のジレンマ」状態になっていますね~。

漁夫の利を得るのは、日本をはじめとする非産油国。

エネルギー価格の下落は、今の経済状況下では大きな恩恵です。
とりわけ、今般の非常時でも止めることのできない物流が受ける恩恵は大きい。
9年前、311で日本は結束した。(長くは持たなかったけど。)

コロナで人類が結束する兆候は、今のところないな、、、ほんと大丈夫かな人類文明。
ロシアの方が財務的に低価格を許容出来るが、さすがに40ドル以下は長く耐えられない。サウジは財務的な余力はあまりないが、増産余地はたっぷりあってロシアのシェア拡大を短期的には阻める。さてどっちが先にギブアップするか…
メンツの問題なのでしょうね。理屈で考えると良いことは何もないですから。もっとも、石油を使う私どもにとっては嬉しいニュースです。
こういうジェットコースターな面もあるし輸送ルートの安全保障にも関わる問題もあるのに原子力発電の全廃ってのは必ずしもありきで考えることでもないんではないかと思います。割合やらは考えるにしてもガス石炭石油と再エネとの組み合わせでダイバーシティを確保したいところ。
どこかに貯めておけるのなら石油買っておきたい。
サウジアラビアに続きアラブ首長国連邦も4月から産油量を増加させると表明。OPECとロシアとの対立が一層深まることが懸念されます。