新着Pick
39Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECプラットフォーム広告費1064億円で嵩上げされているとはいえ、ネット広告2兆円、テレビを逆転、というメッセージの強烈さ。ついに。ようやく。個人的にすごく嬉しい。これからはもうネットが特別じゃない世界。ゆえに担う責任もまたより大きく。
もはや完全に時間の問題でしたが、とうとうその時が来ましたね。個人的には、長年居たインターネット広告業界から離れたその年にこうなったというのも、実に感慨深いです。

2019年からインターネット広告として「マスコミ四媒体由来のデジタル広告費」や「物販系ECプラットフォーム広告費」を加えることで2兆円超と、1.86兆円のテレビを大きく引き離していますが、これを加えない、前年同様の推計でもおよそ2兆円と完全に上回っており、実質的にもインターネットが王者となっている。

しかしこれはテレビ=オワコン、ということではないことに留意する必要がある。

それは、マス四媒体由来のインターネット広告費が、YoYで+22.9%と急成長していること。特にテレビがYoY+46.7%と急伸。雑誌を筆頭に、テレビも含めてマスメディアのデジタルトランスフォーメーションがここに来て急速に進行してきている、ということか。

私自身がこの業界に戻ることはないとは思いますが、これからはオールドメディアも含めた様々な業界の再編が更に進み、面白いことになりそうです。

以下、引用

”インターネット広告費は、テレビメディア広告費を超え、初めて2兆円超えとなった。デジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化、広告業界の転換点となった。”
感慨深い。長年ネット広告を推進してきましたが、今は私も使う側に回って改めて感じるのはセルフオペレーションの凄さ。勝手に管理画面に入り、分析して、改善する。勝手に広告費が増える。市場拡大の恩恵を受けるのはGAFAと出稿利用企業です。
テレビを超えてデジタルが首位に。
デジタル始めたころは夢のまた夢だったのですが、嬉しいですね。

ただ、デジタルもテレビも手段に過ぎません。
マーケティングは今後も進化して行きます。
「ネット広告がテレビを超えた!」と言っても、1兆6,630億円のうち、プラットフォーマーが司る運用型広告費が1兆3,267億円を占める。広告費だけでみると、メディアはプラットフォーマーの広告を回すために下請としてコンテンツを制作しているようなレベルだ。
インターネット広告費は、テレビメディア広告費を超え、初めて2兆円超えとなった。
ウェブ電通報で解説記事も出ています
https://dentsu-ho.com/articles/7161
遂に日本でもインターネット広告がTV広告を抜く時が!
ネット広告がテレビメディアをぬく