新着Pick

新型肺炎でイタリア医療崩壊「60代以上に人工呼吸器使わず」

Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染者数が一気に増えて医療資源のキャパをこえると、
本来治療可能な方も救えなくなるだけでなく、
だれを優先的に治療するかという倫理的な問題が浮上してしまいます。

日本でもまだ収束がいつになるか先は見通せませんが、
じわじわと感染者がでている状況で制御できているのはよいことです。
今、日本政府が最も避けたいと思っているのが、この医療崩壊。メディアや野党も「なぜ全校休校にしたのか?科学的根拠はなんだ?専門家会議にかけたのか?マスクはーーー!」という政府非難に力を入れて国民の不安と不満を掻き立てるだけでなく、どうすれば医療崩壊を起こさないのか、どうすれば死亡者を少なくできるのか、当事者意識を持った報道なり論戦をして欲しいものです。
医療崩壊がひとたび起きると、人工呼吸器も「人間を選択して」使用するようになるという、日本としても1番回避するべき最悪のシナリオとして!踏ん張ってきてることが現実に。。。 日本はとにかく、医療崩壊だけ、避けなくてはならない。そのために、皆頑張ってる。気軽に病院いかない、移動参加しない、無闇に検査しない。ついこないだまで、イタリアは、日本より感染数少なかったはずなのに。
新型コロナ「人工呼吸器が足りない」「助けられない命に涙」医療崩壊に瀕するイタリアの医師の悲痛な叫び(木村正人)
https://newspicks.com/news/4714752?ref=pickstream_151962
「じじいとばばあは、死ね」という宣告。
きつい。
日本では、医療資源を崩壊させないことが優先課題。