新着Pick

「自信のあるふり」して堂々と歩くのが、日常の不安・ストレスを解消する第一歩

ライフハッカー[日本版]
ストレスに満ちた現代社会においては、不安やうつに苦しむ方も少なくありません。そんななか、最大の解決策は歩くことだと言うのは『ウォーキング・セラピー ストレス・不安・うつ・悪習慣を自分で断ち切る』(ジョナサン・ホーバン 著、井口景子 訳、CCCメディアハウス)の著者。
394Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
腰の怪我によって腰が曲がってしまっていた時期、
ずっと下を向いて歩いていました。
その結果精神的にもかなりダメージがきてしまいました。
術後、腰をまっすぐ伸ばせるようになり
背筋が伸びたら自然に前を向いて歩くことができて
身体だけでなく心も元気になっていったのです。
もちろん痛みから解放されたというのも大きいですが
姿勢というのは精神面に大きな影響を与えるなというのを
実感しました。
ですのでこの「自信があるふりをして堂々と歩く」
効果あるんじゃないかなと思います。
意識してみよう!
うつは生活習慣病、という言い方をする精神科医の先生もいるくらい、運動や睡眠の習慣が心理的ストレスには影響している。精神的にしんどくなったらまず体を動かす、というのは理にかなっている。
この記事を拝見してローランド氏も「自信を持つのは大変だけど自信があるふりなら簡単にできるよね」とおっしゃっていたような気がしたなぁ、と思い出しました。

「自信を持てとは言わない。自信のあるフリをしてみな!」でした。


無理に自信を持とうとしなくていい。まわりに左右されず、自分を信じるマインドセット
https://r25.jp/article/698440158599350882
公園の中の木々や街路樹、住宅の庭に植えられている木々や花・・・そうしたものを観ながら、自然の移ろいを感じるウォーキングは精神的な落ち着きをもたらすますね~。

斎藤孝さんの本では、「水戸黄門の歌」のリズムが歩くのにちょうどいいと書かれていました。

やってみると確かにリズミカルに歩けます。
間違って歌ってしまわないよう・・・気をつけましょう(^_^;)
一つの場所にじっと止まっているより、何か体を動かしたり、ウォーキングやスポーツをしたりする方が日常の不安やストレスを解消することができます。

特に今日みたいに暖かい日はいつもより少し多くウォーキングや体を動かしてみてはいかがでしょうか。
花も咲き始め春の訪れを感じることができます。
そうすれば、自信のあるふりをせずとも不安やストレスを解消することができますよ!
いろいろやってみたところ、私の場合は早歩きをして呼吸を早めた後に、ゆっくり歩くと呼吸が整えやすくなります。

あと、右腰と左腰を別々に動かすように歩くと腰回りがほぐれて気持ち良いのでオススメです。
「鶏が先か卵が先か」...行動と中身は、そんな関係だと思います。

「自信があるから、堂々と歩く」のか「堂々と歩くので自信がでてくる」のか...

例えば、言葉でも「ポジティブ」なことを声に出せば、耳から自分の脳に入力されて、脳を「ポジティブ」にできることで、自分も「ポジティブ」になります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ほんまかいな。やってみよう。
行動認知療法に類似した思考ですね。
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、 Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業、「TSUTAYA」(書店・レンタル店)の企画とFC展開事業及びインターネット事業、出版・映像・音楽製作・企画等エンタメ分野におけるSPA事業を行う日本の事業持株会社である。 ウィキペディア

業績