新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は静岡聖光学院中学校・高等学校の校長・星野明宏さんです。

オンライン授業導入に問題を抱えている教育現場の先生のほか、リモートワーク導入に手間取っている企業のリーダー層は必読です。

---
新型コロナウイルスは、学校教育のカタチも大きく変えようとしている。

2月末に突如打ち出された休校要請で全国の学校現場が大混乱に陥る中、早急に授業のオンライン化を実現した先行モデルとして注目された静岡聖光学院中学校・高等学校。

旗振り役となった校長の星野明宏氏は、元電通マンで弱小ラグビー部を花園に出場させたラグビー指導者という異色の経歴を持つ。「自分にカリスマ性はない」と語る星野氏独自のリーダーシップとは。(全7回)

■第1回 元電通マンの校長、授業オンライン化を速攻実現
■第2回 目立たない私の「王道を避けて生き延びる」戦略
■第3回 平凡、弱小、B級でも、勝負をひっくり返せる
■第4回 コミュニケーションはシャワー型ではなくホース型
■第5回 自分流リーダーシップで弱小ラグビー部を花園へ導く
■第6回 授業オンライン化を可能にした学校の組織改革
■第7回 過去の分析はいらない、未来の自分をイメージせよ
答えがないときは走りながら考えるしかない。
結局、こういう状態では、どんどんためして改善をした人や組織が一番早くに対応できる。
そして、後から振り返るとなんで今までやらなかったのだろうと思う。

COVID-19でそんなシーンが沢山増えるのではないでしょうか。
出来ない理由をベースに立ち止まるのではなく、出来る理由を探して実行していく。当たり前っぽいですが、硬直化しやすい業種で周りを巻き込む事は本当に大変。そこをやり切られたのが素晴らしいですよね。
おー!星野先生!!

私にとっては、静岡聖光学院の校長先生というより同校ラグビー部の監督というイメージが強烈です。

とにかく、いいチームなんですよ。私が母校のコーチをしているとき、どうやったらああいうチームが作れるのかずっと興味があったんですね。

私もコーチをやっているとき、強いチームとそれ以外のチームを分ける要因は何だろう?と大きな大会や夏合宿で他チームを観察するのが趣味でした。

そこで気がついたのは、強いチームの監督はみんなほぼ例外なく「教育者」なんですよね。それ以外の監督は「指導者」。この違いはとてつもなく大きいんですよ。

夏の菅平合宿で練習試合をさせていただこうと同校の関係者にコンタクトしたものの、菅平滞在期間がずれていたため実現はかないませんでした。

とにかく星野先生は本当に素晴らしくて真の教育者です。
静岡のすごい人
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。