新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は特にいい気づきがあった気がする。「手づくり・できたて」という北極星を忘れなかったこともそうだが、特に「よいモデルがあったからチェーン化できた」というより「チェーン化して衆知を集めることでよいモデルができた」という点。うどんの素人だったからできたのかもしれないが、オーナーシップを持つ店長を多く集められ、店長が意見を言える雰囲気を作り、実際にそれを取り入れていくということ。北極星以外こだわらないという姿勢が、今はやりの「強いリーダーシップ」とは何かについて、考えさせられる内容と思う。
「シゴテツ -仕事の哲人-」、「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングス社長・粟田貴也さんの第5回です。「手づくり・できたて」にこだわった店をチェーン展開しようとする粟田さんを、周りは「無謀」だと呆れます。しかし、コストがどれだけかかっても徹底的にこだわりました。
---
新型コロナウイルスの感染拡大防止策に伴う営業自粛、休業要請によって、甚大な打撃を受けている飲食業界。釜揚げうどんチェーン「丸亀製麺」で急成長を遂げてきたトリドールホールディングスの粟田貴也社長もまた、嵐の真っ只中に立つリーダーの一人だ。

吹きすさぶ風を受けながらも、意外なほどに彼の目は輝いていた。危機に際し、一層揺るぎないものになったと語る「仕事の哲学」とは。全7回)

■第1回 コロナ直撃、外食産業が生き残る道
■第2回 「こうなりたい」と強烈にイメージしなさい
■第3回 他の店と同じことをしても生き残れない
■第4回 「繁盛の極意」は2つ
■第5回 “無謀”な挑戦をやり抜いて勝つ
■第6回 人を成長させるには、1回の「体験」が効く
■第7回 絵空事を思い描くことから、現実が変わり始める
「バカげた」と周りから言われるには理由がある。でも、それを実際にできたときには、その理由を超えられているわけで、障壁になる(楠木先生の「ストーリーとしての競争戦略」的には「バカなる(馬鹿な→なるほど)」という状態)。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社トリドールホールディングス(TORIDOLL Holdings Corporation)は、レストラン及びショッピングセンター等における飲食店舗の開発と運営をおこなう企業グループの持株会社。東京都渋谷区道玄坂に本店を置く。 ウィキペディア
時価総額
1,018 億円

業績