新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一連の話の中で、(ほかの方のコメントにもあるが)一番考えさせられたのは「差異」と「淘汰」という話。企業的に言うと、淘汰型が多い=減点主義だから新規事業が生まれないとなりそうだが、本当の問題点は淘汰型の基準が「現状維持」になっていて、本当に必要ないものを淘汰できないでいる(結果として自分や自社が淘汰されてしまう!)ことではないかと思った。
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、NOSIGNER(ノザイナー)代表、デザインストラテジスト、慶應義塾大学特別招聘准教授の太刀川英輔さんの第6回です。

---
緊急事態宣言に先駆けて、パンデミックから命をまもるための対策情報サイト「PANDAID(パンドエイド)」が始動した。サイトは、デザイナー/デザインストラテジストの太刀川英輔氏が発起人となり、太刀川氏が率いるデザイン活動体「NOSIGNER(ノザイナー)」によって非営利で自主運営されている。

PANDAIDをはじめ、NOSIGNERが主導・参画するプロジェクトでは、産官学民との共創によって、「ソーシャルイノベーション=社会や未来により良い変化をもたらすためのデザインを生み出すこと」を実現している。

「デザイン」と聞くと、専門領域の人が手がけるものづくりをイメージするかもしれない。しかし、太刀川氏は「デザインは誰もが持てる力であり、ビジネスにも生かせる知恵」だという。そのための方法論として「進化思考」を提唱し、未来のイノベーターを増やす活動にも注力している。

NOSIGNERが携わったプロジェクトをたどりながら、そこに息づく哲学をひもとき、ビジネスシーンにおけるデザインのあり方を語る。(全7回)

■第1回 新型コロナ対策情報サイトを“デザイン”した男
■第2回 デザインの本質とは何か
■第3回 デザインの背景にある「文法」
■第4回 横浜をよりクールに、ベイスターズをより横浜らしく
■第5回 生物の進化のプロセスから創造を学ぶ「進化思考」
■第6回 「変異」と「淘汰」両方の思考を使いこなす
■第7回 「進化思考」を武器に社会を変えていく
「ディテールにこだわること」。ちょっとの違いが大違い。違和感を感じるのは数ミリの違いだったりします。進化の過程で、違和感が淘汰されます。
ことばの力。可能性は無限
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。