新着Pick
681Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イベント自粛の延長要請が来てしまいました。
19日までを目処にと。

19日で本当に最後になるなら、ギリギリ耐えられるかもしれませんが、ズルズルと延長が続くと、開催事業者は対応しようがありません。

19日には、イベント再開OKだけれども、どういうレギュレーションなら開催可能なのかという、具体的な解決策を示して頂きたいです。あるいは自粛によって倒産の危機に晒されている企業をどうサポートするかの具体策を提示頂きたいです。

このままでは、イベントに関わる事業者や個人が生活できなくなります。コロナウイルス自体よりも、国民の人生に大きなダメージが出ます。


追記:
私のコメントを見て、ライフイズテックは財務危ないんじゃないかというご心配を頂いた方がいらっしゃったのですが、弊社は資金調達直後ということもあり、大丈夫です。ご心配ありがとうございますm(_ _)m
ただ、リアルイベントを大切にする業界の一員として、この状況が続くことを黙って見過ごすわけにはいかずコメントいたしました。現に苦しい状況にある同業者もおります。早く沈静化することを願うばかりです。
こういう閾値もないようなイベントの開催自粛とかって政府が言い出すと、ノイジーマイノリティの執拗なイベント開催者叩き(リア充爆発しろ的な)に耐えられなくて主催者が1ヶ月も先のイベントまでキャンセルしたりオープンスペースで行われる小規模イベントまで自粛したりする。10日後に更に延長とか言われかねないので、無期限延長と何ら変わりない。それに釣られて消費マインドも冷え込む。こりゃ飲食店やイベント業界は経営破綻が相次ぐだろうな。
仮に小出しラッシュとなると、出口が見えにくく、個人も企業も更なるデフレマインド定着で政策運営にも大きく影響しうるかと。最悪の場合、どこまでの自粛の可能性が、どう議論されているのかの透明性が出てくると、悪材料出尽くしとばかりに生活の目処も見えて来るかと。
更に10日の自粛延長要請。
作り手側も世に出せないストレスが溜まってしまい厳しい状況。何かしらの対策をして、なんとかイベントをやっていく策を考えましょう。
期間の長短ではなく、都度ゴールが動くようなプランは心身ともに疲弊するでしょうし、企業対応もコストがかかるという印象があります。
どういう状況になったら解除するのかを明確にすべきだと思う。
そのうち、コロナによる命の危険と、自粛に伴う経済悪化による命の危険を天秤にかけざるを得ない判断に政府は迫られるでしょう。
失業と自殺はかなり相関強いですから。
延長要請はあり得る選択だと思います。ただ、それならば20日以後の開催については一定の条件設定をした上で可と示してほしい。延長の先の条件設定がされていないので、20日開催予定のものはどこもGOが出せないはずです。

既に自粛前提では4月上旬の開催可否の判断に入っています。今の状況では具体的条件の提示もないので、規模の大小、屋内屋外の違いに関わらず、ずるずると延期・中止が続きます。どこまで踏ん張れるのか。このままでは弱い立場の人から脱落する脱落ゲームに陥るのではないでしょうか。
これイベントを運営している事業者も経営があるわけで、その意味のある手当てを説明しないまま、ただ自粛を延長するというのは理解に苦しむ。いまの状況や今後の想定シナリオに対する透明性も低い。納得感の醸成を考えてほしい。
閉鎖空間における多人数での発声・会話の典型である、国会の出席者や関係者はなぜマスクをしていないのだろうか?

国会の空調にはウイルス除去機能があるのか?
ウイルスを遮断する機能はないので、マスクを着けても大した意味はないという暗喩か?

与党と野党も、なぜ疑問に思わないのだろうか?