新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
上手くおさまった。株も持ってない他人がとやかく言おうが、他IT主要銘柄に比べてかなり負けている株価、就任来の下げを取り戻したに過ぎなかった状況で株主が不満をぶちまけるのは当たり前、といった状況だった。

一方のドーシーないしはドーシー擁護派にすれば、スクウェアの成功で経営者としての実力と自信を身に着け、Twitter復帰後は黒字化にも成功したこの人以外にあり得ない、というかそれはエリオットも最初から分かっていての交渉術、といったところだった。

結果、自社株買いというプレゼントを引き出し、ドーシーは残留で、シャンシャン。

私は、残念ながらTwitterは今後も大化けすることなく、このままキャッシュカウ企業化していくと思う。それはそれで、悪くない。なにしろ人類みな、Twitterというプロダクトを純粋に愛している。
エリオット創業者は、トランプと共和党に多額の寄付をしており、トランプが大好きなツイッターを右寄り有利に持っていこうとしている、との疑惑もあります。今回取締役を受け入れたことで、果たして何か変化があるかどうか?
ドーシー氏CEO留任は既定路線だったと思いますが、こっち(シルバーレイク)から引っ張ったお金をあっち(エリオット)へ配るという一連の行為はファイナンス戦略の観点からはもはや意味不明、理解に苦しみます。

投資家も節操がないというか。。。

まあ、兎にも角にも事態は収拾したということで、両投資家からも社外取締役を受け入れたわけですし、みんなが好きなツイッターがより良いものになっていくといいなあと期待しています♪
シルバーレイクから10億ドルの出資を受けて、20億ドルの自社株買い…そもそもシルバーレイクからの出資がなぜ必要なのかが全く分からない(自社株買いするなら、資金は現預金同等物あるし、10億ドルだけでも良いだろうし)。色々謎だし、公正なのかが気になる(公正なのかで、後での訴訟リスクが出てくる)。
落ち着くところに落ち着きましたね!
不思議なファイナンス。
"シルバーレイクから10億ドルの出資を受け、この資金と手元資金を組み合わせて20億ドル規模の自社株買いを実施"
ツイッターはジャック・ドーシー氏の解任を求めていたアクティビストのエリオット・マネジメントと和解したと発表しました。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
2.61 兆円

業績