新着Pick
875Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スタンフォード高校の校長先生が日本人だと言うのは聞いていましたがこんなインタビューを見たのは初めて!
さすがNPですね。

STEM高校ランキングの話になっていますが実はカリフォルニア州で伝統あるハーバードウェストレイクを超えて今一番いい高校に選ばれています。オンラインの高校では全米1です。大概の親はやはり学校に行かないと言うのにすごい抵抗があるようですが、私はそうでもなく実は今真剣に子供の教育をオンラインにしようと考えています。ハーバードビジネススクールも以前よりオンラインで世界中から参加できるシステムを卒業生に提供していますがなかなか悪くないです。

ちなみにスタンフォード大学もコロンビア大学も今週よりすべてオンライン授業。この新型肺炎をきっかけにオンライン教育と言うものがどういうものなのか、また今まで抵抗感があったものが普通に受け入れられるようになる時代が急に訪れた気がしています。

(キャンパス生活を否定するというより、エリート教育の民主化やリモートの可能性に興味があります)

追記 ハーバード、MITも一部オンライン急速に移行するようです。ウィルスの広がりでニューヨークの私立の小中高も自主的にクローズ、オンライン授業へ移行していると聞きました。
100%オンラインの高校がある?しかも全米で高い評価?スタンフォード大学に?しかもそこの校長先生が日本人?もう取材前は?だらけ。

100%オンラインでどこまでできるのか、という意味でとても興味いものでした。結果オンラインではなんでもできるのだと。でも実際に弱いのは体育です。

みんなと一緒に体を動かしたりするのは難しいので、これは生徒が体育の時間を個別に作らないといけないということです。オンライン高校にはバスケットボールのクラスがあるのですが、実際に自分でゴールにシュートする代わりに、フォーメーションや戦略について学んでいたりします。体を動かす体育でなくても、オンラインの強みを生かしています。

新型コロナウイルス感染者の拡大を受けて、スタンフォード大学は9日から全ての対面授業を禁止すると決めました。

冬の学期末試験という追い込み時期に来て、授業は全てオンラインになり、教授も、学生もこの緊急事態に、右往左往しているのですが、スタンフォードのオンライン高校だけはどこ吹く風です。
シリコンバレーには、スタンフォード高校(スタンフォード大学傘下)という、すべての授業を100%オンラインでやる超有名高校があります。定員約800人で、毎日130近いチーム授業をおこなっています。

最近では超難関になっているこのハイスクール、実は校長先生が、ものすごく面白い日本人なのです。かつて哲学者の道をめざして、ヨーロッパで准教授の座まで得ながらも、ひょんなことからこの不思議な学校のメンバーになってしまった。

STEMで全米3位に選ばれたこの高校のカリキュラムは、この星先生たちが手作りで組み上げたコンテンツ。その内容も、とにかく面白い。シリコンバレーの城下町で活躍する、とてもおもしろい日本人教育者のストーリーを初公開します。
アメリカの学校ランキングってあまり3位だから10位だからって関係ないと思いますが、優秀な子たちが集まっている学校である事は間違い無いと思います。カリキュラムも大学か!と思うようなタイトルのものがゴロゴロあります。

哲学者の方が校長先生になられると言うのはとてもアメリカらしいですね。アメリカでのトップ高校の位置付けは、生きるすべを得る、人格形成の場所なので(本来は)、高校生にとって本質的に考える時間を与えることが当たり前になっていないとトップ校とは言えないと思います。

記事でも紹介されていましたが、アスリートなど、普通の学校の時間で学ぶことが難しい子どもも沢山通っていると思いますが、日本でも通信制高校にはそういったお子さんが沢山通われていると思います。ただ日本はアメリカと違ってアスリートでも勉強を妥協しないと言う文化が浸透していないので、アカデミック面での違いは大きいですね。

一点気になりましたが、ギフティッド教育=天才教育的な表現がありましたが、それは間違っているので、きちんと解説をされた方が良いと思います。ギフティッド教育というのは発達に凸凹があるお子さんという意味で、天才教育ではないですね。発達の凸凹というチャレンジを抱えるお子さんたちにより個別に向き合いながら成長することをサポートする教育というのが正しいと思います。
スタンフォードオンラインハイスクールがSTEM教育で有名なのに「哲学」がベースにあるという点、非常に興味深いです。テクノロジーを扱う上で、正しい価値観をもって正誤を判断する能力は重要です。それを高校年代から学んでおくのは非常に意味のあることだと思います。

また、このようなタイミングで完全なオンライン高校のニュースがある事で、日本でも抵抗感が高いオンライン教育がどういうものなのかを知り、受け入れられる時代がやって来るかもしれませんね。
アメリカの場合、ホームスクールも盛んなので、オンラインで高校の授業を受ける、、、というのは、それほど珍しいことではありません。スタンフォードはそういう意味では結構ホームすクーラーの中では、知られていると思います。

通常こうしたオンライン高校に通っていても、地域の「共同学習会」などに参加して、ソーシャルスタディを行うことが多いです。「学校に行かず一人で勉強したら、友達は?」と思うかもしれませんが、そうした心配がないのもアメリカのオンライン教育システム、ホームスクールの特徴かもしれません。
ぶっちゃけ旧来の高校のカリキュラムとかクソ
興味深く読んだ。「統計的なものも、どこで正誤の線引きをするのかという点は、とても哲学的な思考と似ています」と。すばらしい発想だし、すばらしい教育方法だと思う。すぐれた数学者、物理学者は哲学の素養があるのも当然。自分は研究と教育の分野で国立の研究所で37年間、教官をして、韓国トップの私立大学で2年半、専任教授として英語で大学生に教育し、日本の私立大学で7年間、大学院教育を担当してきた。目からウロコの話が詰まった記事だった。私も若ければスタンフォード高校に入学したい。もう手遅れだけれど(笑)。それも自分が1983年から一年余り客員研究員として滞在したすばらしいキャンパス、パロアルトのスタンフォードにあるとは・・・。この記事を参考にして大学での4月からの大学院教育の教材に資料を追加したい。
哲学が全学年で必修科目…ビジネス書としても話題になった山口周さんの『武器になる哲学』を地で行くような教育方針。過去にNewspicsの特集で哲学≒弁証法を含むリベラルアーツが取り上げられていた(※)ことを思い出して読み返してみました。世界も経済も大きく揺り動かされている今のような時こそ、自ら「考える」ことの重要性が増すのかもしれません。
学生含む若者に上から目線で屋外活動自粛を求めながら自分は満員電車通勤を続けるような大人ではなく、始発出勤やリモートワーク(今はここまでが自分の限界)を通じて生まれた余剰時間を利用してオンライン学習を受ける生涯学習を実践する大人。そんなカッコいい人間になりたいと思った昼下がりの午後。

※リベラルアーツの魔力
https://newspicks.com/book/1281?utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid4750682&utm_source=newspicks
GTH!まさにGreat!ですね。哲学をHigh Schoolで叩き込まれると、その後の人生が大きく変わるような気がします。

オンラインというのも、先見の明があって、すばらしいです。

社会人向けの講座も開設いただきたいくらいです。

しかし、これを見つける後藤さんと洪さんが、すごい。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。