新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AppleはiPhoneの出荷が前年同期比54.7%減の634万台、中国市場はiPhone出荷が前年同期の127万台から大きく減少し、49万4000台。中国市場全体のスマートフォン出荷台数は1272万台から585万台へと縮小しました。

2月の大半の期間で、直営店や取り扱い店舗が店を開けられず、販売が大きく停滞した結果でした。これに加え、AppleはiPhoneの製造の遅れも指摘しており、グローバル市場向けのiPhoneの出荷にも制限がかかる見通しを示していました。

しかし2月17日に出された利益警告では、欧州、そして北米へと新型コロナウイルスの影響が拡大する前の話。状況は当時より更に悪くなっています。それを予想してか、Appleは2月17日の段階では新しいガイドラインを示していません。
近年、人件費向上による中国離れなんて言われているものの、今回のコロナショックで改めて、いかに多くの業界が中国生産に頼っていたかが浮き彫りになった。
ユニクロなどのアパレルも東南アジアでの製造が増えているようだが、これを機に再度、各社生産拠点のポートフォリオを見直すべき時が来ていると思います。
中国はYoY-61%、一方でグローバルのスマホ台数は-54.7%。
中国自体は2月頭からコロナ影響があった割には、思ったほどには減少していないというのが正直な印象。一方でグローバルには半減というのは大きい。ようは半月分止まったということだし、今の広がり方を見ると、消費縮小は3月の方が大きいだろう。
電子部品は、最初中国のサプライチェーンが切れるサプライサイドのインパクトが大きかったと思うが、今度は需要が消えるデマンドサイドのインパクトを見に行く形。デマンドサイドでマイナスが大きいと、在庫調整が深く発生して、電子部品の稼働・価格への影響が大きい。在庫循環図も大きく膨らみそう。
2月のアップルの中国向けiPhone出荷が前年同月比で約60%減少。新型コロナの感染拡大で店舗を休業したことが影響しています。
実体経済にも悪影響が出始めた…
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
205 兆円

業績