新着Pick
283Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今振り返れば、子どもの頃の試練(父親アル中・DV、後に母子家庭)は今の私を創る上で重要な要素だったと思う。しかし、同じ試練を自分の子どもに体験させたいとは思わない。

ポジティブな試練を課したい。
こんな時期だからこそ稲盛さんのような哲学をみんなで共有しながら、「人間的」に豊かな社会を目指して行くことが、これからやってくる社会的困難の「意味」になっていく気がします。みんなで前を向いて乗り越える組織、社会でありたいですね。
・人間性を高めるものこそが「試練」
・試練に遭ったときには、むしろ幸運だと思え
・まずは、いまを肯定する。そして、明るく前向きに努力する。うまくいってもいかなくても、ここからが始まり
いまを肯定できるから、ひらかれる未来も肯定できる。

試練だけではなく、今の状況を不幸だとしか思えないようでは、どんな未来になろうとも満足できない。

いまを最大限に活す人が、人生を充実させられる。成長するためにも、人間性を高め続けたいものです。
修羅場を体験することがいちばん人を強くしますものね。

強くなるのは、技術やスキルはもちろんですが、稲盛さんがおっしゃられているように「人間性」が高くなるのだと思います。

『人間性が高い人とはどういう人なのか。「損得ではなく、善悪で判断できる人。自分にとっては不利益でも、善であればそれを選択できる。そんな心の持ち主だ」』

御意です。
「試練に遭ったときには、むしろ幸運だと思え」

「幸運」だとはとても思えないものの、絶対に逃げずに闘ってきました。闘うこと自体は決して嫌なことではなく、使命だと思ってきました。

「苦労は買ってでもしろ」という先人の言葉を部下や後輩たちには投げかけ続けてきました。挑戦は成功しようが失敗しようが必ず人を育てます。

困難を前にして怯まない人材を育てたいですね。
山あり谷あり、、、人生を楽しみましょう
京セラ株式会社(きょうセラ)は、京都市伏見区に本社を置く電子部品、ファインセラミック部品、半導体部品、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品などを製造する大手電子部品・電気機器メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.58 兆円

業績