新着Pick

新型ウイルスで「教育が止まりかねない」日本。止めない中国。浮上した「オンライン教育格差」

Business Insider Japan
「宿題はめっちゃ出しました。授業カリキュラムは、14日以降に無理やり終わらせるしかない……。でも札幌市も春休みまで(臨時休校が)続く気がします……」 そうぼやくのは、北海道札幌市の小学校教師。札幌市の臨時休校は3月13日までを予定している(3月9日現在)。 北海道では、教育現場で新型コロナウイルスへ...
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「(学校の)授業は止めるが、学びは止めない」というスローガンは素晴らしいし、そうあるべき。

日本でも、学校からの提供ではないにしても、各企業のご厚意によりあらゆるツールが提供されているので、いろいろ駆使すれば、日々いろいろ学べます。

うちも小学生の子がいますが、学校の授業が1ヶ月受けられなくても人生には全く影響しないと思うので、それは(休校の必要性があるのであれば)構わないのですが、
せっかくなので、普段の画一的な学校教育では学べないことを学んだり、興味をのばしたり、好きな本を好きなだけ読んだりで過ごしていて、わりと充実した毎日。
ですが、これには親の努力がかなり必要です。子どもが能動的に自分でやりたいことを見つけられる年齢ならまだしも、低学年やとまだ親がよさげなコンテンツを探したり、マンネリ化しないように工夫したりは必要。

そういう意味では、親のがんばり次第で、差は生じてしまうとは思いますが、
まぁそれは普段の教育においても同じことかと。

ただ、学びたいのに、休校になったがために全く学ぶ機会を失ってしまっている子がいるとしたら、先生なりなんとか周りの方が手を差し伸べてあげてほしいです。
周囲を見ていると、日本でも私立校の中にはオンライン授業をやっているところがありますね。家で付きっきりになっている親御さん達は悲鳴を上げているようですが。
そうした私立校を見ていると、こんな緊急時にも柔軟に対応していてさすがだなと感じるのですが、その一方で、十分に対応できない公立校の生徒との間に学ぶ機会の差が生じることを思うと、なんとも複雑な気分になります。
かつて世界の模範だった日本の教育はICT対応で中国はおろか他の多くの国に比べ劣後するようになりました。地方任せにしてきたことを後悔して、国は昨年から法律と予算で手当したものの、コロナには間に合いませんでした。でも今回、教育ICTの必要性が認知されました。これを機に前進しましょう。
緊急事態宣言が出たNYでは、ジュリアード音楽院(学期中の海外ツアーはすべて取り消し)やコロンビア大学(今日から物理的に休校、オンライン授業へ移行)も含め、オンラインに切り替えるためのリソースを早めの時期から準備しています。

Zoomへのアクセスはもちろんですが、ITに慣れないスタッフ用(例えば音大は年寄り先生が多いので…)のオンライン講座システムがあったりと、IT部門の対策が早い印象です。

日本のシステムにとっても、教育だけでなく色々な手続きも含めオンラインに切り替えられるきっかけになるかもしれませんね。
圧倒的にチャンスなんだけどなぁ...
毎日中3の生徒達とzoomで授業しています。
教科書の進度は予定通り。
2時間近くになる授業も、集中力は途切れません。
これは自己満足的な評価ではなく、毎日何人かの外部の方が授業参観されて、皆さん口にすることなので、間違いないと思います。
オンラインを上手く使うと、場面によってはよりインタラクティブな対応が可能になります。

運動不足の解消について提案したら、散歩の共有も始めています。zoomで実況しながら、自宅周りを紹介していたようです。
流石に通信量が半端ないので、写真で共有することを伝えましたが...

休校明けに教員は生徒達によって確実にレイティングされます。
EdTechの活用により学びが止まるどころかむしろ加速しています!(以下ニュース内データ参照)
子供たちの適合能力はすばらしいです!
https://newspicks.com/news/4705793/
中国は、政府があらゆる事業活動や社会活動に対して強制力を持った措置ができるので、有事の対応力に優れる。その点はうらやましい。

これに対して日本では、いろんな制約があるのは確かだ。
でも有事なのだから、得意の団結力を発揮すれば日本だってやれるはずだ。

優秀なベンダーがすぐに集結し、オンライン教育のプラットフォームを構築して提供して欲しい。
そうすれば社会が変わります。
日本の若者の明日のためにぜひお願いしたい。
札幌市の学校の臨時休校は3月25日までとなりました。3月25日が修了式と重なるため、次の登校日は未定という形で一斉メールが入って来ました。こんな状態ではさすがに学校教育が止まってしまうため、現場は大変なことになっているのではと察しています。

子どもたちにとっては特別な長期休暇ではなく、あくまでも家庭学習を自主的に促す状況です。まだしばらくは実家暮らしなので祖父母が娘をみていますが、こんなにも長期間となるとさすがに疲れます。

こんな状況だと在宅勤務にしたとしても集中できそうにないので、通勤を続けています。札幌の街中も観光客は絶滅危惧種となり、どこに行っても静かにな状況、ここまで静まり返ると札幌も日本の地方都市に過ぎないと感じました。
教える側の対応だけで"教育の格差"が生まれることは避けたいですね…。学校と家庭が今こそ連携を図り、学びの在り方を考えても良いと思う。どちらかが頑張っても、頑張れないと思うので…。本当の意味での"学ぶ環境"を関係者が協力して整える時が来たと思う。そこにオンラインというツールをどのように位置付けるか…全体を俯瞰して設計することを検討したい。
うちの子供はオンラインで授業継続してますが、まあ通学とは全然比較にならない薄っぺらさですね。。。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン