新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おっしゃっていることはその通りだし、今の状態のなかで誠実な受け答えをされている印象。一方でずっとこの産業を見てきた身からすると、難しいし、勝ち筋が見えない。勝ち筋が見える方が誰もいないのではないかと思っているくらいで、だからいちごの出資は個人的には相当に意外だったし注目している。

ただ例えばOLED化が1プレイヤーしかいなくてメリデメあるから思ったほど進まない、と言われながらここまで進んできた(トップモデルしか普及しなかったが、それでもSamsung以外でここまで広がるとOLED搭載の動きが出たころには想定もされていなかったと思う)。
液晶もOLEDもあると、体力でも厳しいし、他社はずっと長く量産含めた経験を積んでいる。ゲームチェンジャーとなる技術で一気に情勢が変わることもあるが、量産における経験値の差は現実としては大きい。
日東電工でのご経験について話されているが、日東電工が偏光パネルでトップシェアだったり、液晶メーカーとしてもRoll to Rollの設備を自社工場に入れるメリットがあるからできた戦略もあったと思う。パネル業界は部品として完成させるのが基本線で、その違いがある中で設備投資を大きく負わずに事業を伸ばせる事業形態にできるのか。あとはOEMという文脈では、技術協力が背景で半導体・液晶の技術が韓国などに流れていった過去の歴史もある…
この大変な中で、頑張るにはえらいが、過去の総括ができていないし、これからも大変だろう。
液晶に注力するのは分かったけど、OLEDをどうしたいのかはイマイチ分からなかった。

JDIが設備投資をしないなら、どこかが資金を出さないといけない。設備投資をしてもらえるだけの実績はあるのかな。全体を通して、楽観的なのが気になる。OLEDでシェアの高いSamsungの方が危機感ある様な気がする。

“だから、(1社依存ではなくて)いろんなお客さんを捕まえるのはもちろんですが、当社が大きな設備投資負担を負わずに事業を伸ばしていくビジネス形態にしようとしています。それができれば、液晶もまだまだ技術を磨いていけるはずだと考えています”
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
株式会社ジャパンディスプレイ(英称:Japan Display Inc. 略称はJDI)は、ソニー株式会社・株式会社東芝・株式会社日立製作所の中小型液晶ディスプレイ事業を統合した会社。 ウィキペディア
時価総額
474 億円

業績