新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
> 4. 実際につながりを育てる時間を作る

以前、営業が得意な先輩に「飲食店の常連になるには年3回通うより、週3回通うほうが常連になれる。」というのを教わった言葉を今でも覚えています。いわゆる初回から密に繋がりをつくることで覚えてもらえるというものです。

FacebookなどのSNSが登場して、つながりは簡単になっていく一方で、継続したり関係性を深くすることが難しいですよね。意識しないと広く浅くなってしまいます。

人と出会うことが多いのですが、イベントなど大多数や登壇時での出会いの場合はSNSを申請しても申請されても一言メッセージを残して、昔のやりとりを記録しておくようにしています。

また、面白そうな方とは、その方が発信するイベントに参加したり、用事を作ってまた会うようなきっかけを意識するようにしています。「居酒屋常連理論」を活用するなら、1回目から2回目までの会う期間を空かないようにするのがポイントです。
4つの方法とは以下のとおり。

1. ソーシャルメディアのプロフィールを更新する
2. 新たにつながりを求める
3. 関心がある企業の人材ネットワークに加わる
4. 実際につながりを育てる時間を作る

手間がかからない割に効果があるのが「1」で、プロフィール画像と自己紹介をちょっと変えるだけで全然違うと思います。

特にLinkedinなどは、プロファイルを、どう記載するかで、印象が全く違ってきます。日本人、日本企業に向けて書くのか、海外向けに書くかで書き方も全く違うので注意が必要です。

そして大事なのが「4」で、時間を使わないと、長続きする人脈は構築できませんよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
昔も今も変わらず、ネットワーキングは大事である。ソーシャルメディアのプロフィールの更新も現代においては重要になって来ているが、新たな分野で、自身のネットワーキングを広げる上で大最も事だと思うことは、自分が何者で、どんなことに興味を持ち、仕事、プライベートで熱心に取り組んでいることなどを、"自分の言葉"で相手に簡潔に伝えられるか否かだと思う…。相手に興味を持つことは、自分でコントロール可能だが、相手から興味を持って貰うことは、中々難しい…。特に、大勢が集まる会合においては、これが出来ないと致命的である。この人、"面白い!"と相手に感じて貰えたら、名前は覚えられないかもしれないが…、あなたは、"面白い人"として先ず覚えられる。その後、お互いを知り合う時間を楽しめるはず…。相手を"フック"できるプチネタを整理しておきたいですね。
東京に来てから、人脈というものがどうも大きな価値になるらしいと気がつき無価値な自分は穴熊生活を選んだのですが、そういう訳にもいかず、最近fbとついったのアイコンを変えました。人との繋がりから何かを得たい方にはやってみるといいかもしれないことが書いてありました。