新着Pick
827Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この人の言葉は本当に心に響く。
自分を変えれば未来が変わる、信念を疑うな、人々からの信用で得たお金は社会のために使うべし、男女が協力してことにあたるのが最善である、失敗から学んだことが大切などなど、自分の考え方にものすごく近いので共感できる。

日本に支援を表明したり、仁徳のある人間性も魅力。
まだまだ完全に引退する年齢ではないので、彼の今後が本当にどうなるかが気になるところ。
事業で成功した人の"失敗"は、"一番の学び"となるに違いない。おそらく、もっと多くの失敗を重ねてきたのだろうと思うが、選りすぐりの"1001個の失敗"が、どのように活かされ、今日のAlibabaに至ったのか…解明して欲しい。個人的には、失敗からの"学びの連鎖"が従業員にどのような影響を与えたのかを考察してみたい。

「もし本を出すとしたら『アリババの1001個のミス』を書きたい。人生で最も重宝しているのが、失敗だから」
アリババは尊敬する企業の一つであり、ジャック・マーも然り。
"この世界には満足できないこと、変えられないことがある。しかし、自らを変えることこそが、未来を変えることになる。"

リスクを取り続けることをリスクと思わない姿勢が常に未来につながると僕は信じています。
失敗の経験が最も重宝するのは多くの成功者が語るところなので周知だと思いますが、今の日本の大企業は失敗をさせないように無菌状態で育てられてきた人が経営幹部になっているので、彼にとっては歯がゆく感じるでしょう。
彼曰く、
「利益は人々や社会から与えられた『信用』だと考えている」
そして、
「人々からの信用で得たお金は社会のために使うべきだ」

心からその通りだと思う。

公人でありながら収賄を犯してしまう人は後を絶たず、膨大な資産を持ちながらお金の使い方を知らず、みみっちい人は増えるばかり。

襟を正しましょうよ。そして、お金は循環しなければ価値になりませんよ。
「自分を疑ってもいい。信念を疑うな」
大事にしたい言葉に入れておきます。
全ては自分の風景を変え、思考を変え、行動を変え、習慣を変える。この方は、哲学者であり実践者なのですね。
社会的インパクトを残せる経営者は哲学者なんですね。

混沌の2020年代。頑張っていこうと思う。
「この世界には満足できないこと、変えられないことがある。しかし、自らを変えることこそが、未来を変えることになる」

自分以外の要素の不満を言うことは容易いことだけれども、それでは何も解決しないし、他力本願。自らが変わっていくことで解決すると僕も思っているので、共感です。
さすが世界最高峰の教育者でもあるジャック・マーさん、以下の5つは、どれをとっても名言ですね。

なかでも、「3」「4」「5」は秀逸です!「5」が出版されたら、即買います!

「3」はお金の使い方の大切さと、それは人々から来ているという想い
「4」は男性と女性を真の意味で対等に考えていること
「5」は失敗の意味を熟知し、それを普遍的なものとして共有したいという想い

1. 「この世界には満足できないこと、変えられないことがある。しかし、自らを変えることこそが、未来を変えることになる」
2. 「自分を疑ってもいい。信念を疑うな」
3. 「人々からの信用で得たお金は社会のために使うべきだ」
4. 「物事を完成させることは男性の得意分野だが、より上手に処理するのは女性だろう。ただし、一番いい形で完成させたいなら、男女が一緒にやるべきだ」
5. 「もし本を出すとしたら『アリババの1001個のミス』を書きたい。人生で最も重宝しているのが、失敗だから」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.9 兆円

業績