新着Pick

「運はどうにもならない」は半分間違い。デキる人は “この2つ” で運を引き寄せている

STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
677Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今起きていることは、すべて自分の責任と考える。

自分が過去にとった行動の結果が現在です。不本意な状態を、環境や他人、そして運のせいにすると、自分で人生をコントロールできなくなる。

自分の責任だと考えられるからこそ、今の行動で、これから先、未来は自分で創ることができるのです。

好奇心を持ち、常に学んで、セルフ・イノベーションを続ければ、自分が望む人生を歩めるようになります。運が良くなります。

運は無尽蔵、そう考えています。自分次第ですから。運を楽しみましょう。
チャレンジするということの大切さですね。
そしてチャレンジし失敗した時もそこからきちんと学びを得ようとすること、そしてズルしたり嘘ついたりしないで、きちんと失敗を「自責」で捉えようとする姿勢が大切だと自分は思っています。

単に確実性の高い選択だけしていても、失敗するときには失敗するし、僕はそういう選択をすることにあまり意味がないと思っています。
むしろ大切なのは本当にやりたいことをやるために、最善の選択をしているかどうかということだと思います。

ちゃんと失敗できるかどうかが大切ですよね。
もちろん失敗することを想定しちゃだめだけどね(笑)
「運」を 向こうから来るものとして受け身で待つか、こちらから取りに行くものと考えるかによって 大きな違いが出てくる。

運を高めるには「好奇心」こそ最重要 日本深く共感。
努力を最大限した場合、後は運だけになりますね。運・不運だけで決まっている状況にまでもっていくことこそが大事だと思います。
以下の通りで、自分のコントロールできる範疇を見極め、その範疇で集中して粘り強く取組むことが重要だと思う。大抵の悩みは自分のコントロール外のことであったりする。粘り強さと諦めも肝心が共存するのはそこにあるのではないだろうか。
> しっかり考えたうえでベストのチョイスをし、それでも失敗したのなら、そこから学べることはいくらでもある。
成果を手繰り寄せることに必要なのは、
自分で何かの世界を拓くことだと思います。

会社という組織は決まった範囲で動くものなので、
会社自体が世界を拓くことはありません。
人が世界を拓くのです。

しかし、世界を拓くには成長が必要です。
成長なくして世界を拓くことはできません。
成長するためには良い上司が必要だと思っています。
良い上司は、自分にきっかけを与えてくれ、
何らかの支援をしてくれます。
このような上司は人生における師匠とも呼べます。
ですが、師匠を見つけて関係を作るのは自分です。

私には師匠と呼べる人が2人います。
その方たちとの出会いは紛れもなく運です。
しかし、師匠と思える関係までに発展させたのは自分自身です。
そのおかげで、自分自身の世界を拓けたと思っています。
全ては必然だと思っていますし経験上もそうだと確信しています。
上手くいった時に運を理由にする人は卑下していて、上手くいかなかった時に不運を理由にする人は言い訳だと思います。
「運」とは不思議な言葉で、「それはただの運だよ」「それはただの偶然だよ」と、「偶然」と同義に自分の力ではどうにもならないもののように使われる時もあれば、「運を呼び寄せる」「運が続いている」「運が良かった」というように、その人がコントロール可能であったり、その人に属していたり、あたかも必然であるかのような意味にも使われる。(そして偶然とは異なり、「良い」という意味を帯びている)

つまり、「運」とは元々が「偶然」から「必然」までを接続することばなので、"「運はどうにもならない」は半分間違い"は、「運」の意味からして当然の言説。

自分でコントロール出来る運を少しでも上げるために努力することも良いけれど、人生の醍醐味はむしろ自分の力ではどうにもならないことと、その境界のあいまいさ、見極めの困難さにその本質がある。

意志による行為の産物は、意志ならざるものに取り囲まれ、さらに部分的に構成されている

偶然を必然として引き受けること。

はかれないもの、はかないものがあってこそ、人は絶望し、歓喜し、人生の意味を知る。
勝負の世界で、「勝つ」とか「強い」とか「運がある」というのはどういうことかと言えば、変化に強いことである。

by 櫻井章一
大きな成果を残す人って運が良さそうに見えてよく見ると日頃から細かいチャレンジを色々してるんですよね。
株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。 ウィキペディア