新着Pick

月々定額「クルマのサブスク」は本当に得なのか

東洋経済オンライン
「サブスクリプション」は、商品を“買い取り”で販売するのではなく、使った期間に応じて課金する販売方法である。コンピューター用ソフトウェアにはじまり、音楽配信サービスなどで導入され、ここ数年で一躍、脚…
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常にわかりやすい良記事ですね。

元々サブスクリプションが支払い的にお得になるケースは有り得ない。短期契約できるわけでもない。

クルマのサブスクリプションの良さは税金や保険料込みなので、それら手続きの手間が省けると言うところ。そして支払い額が毎月定額になる為、支払い計画が立てやすい。

その分支払いが高くなるのをどう見るかによる。

細かい事言うと、残価設定ローンの場合はディーラーで値引きが入るのでもう少しお得にはなる。

残価設定ローンの残価設定は一般に50%と考えれば、
KINTO ONEと残価設定ローンとは支払い額にさほど差がない。
つまり、トヨタはサブスクリプションサービス自体ではさほど儲からない。

コレには少し驚いた。
つまりトヨタはサブスクリプションサービスで稼ぐのではなく、拡販する為なのだ。ほぼ残価設定ローンに税金や保険料と幾ばくかの手数料を含めただけである。

それでも以前であれば、この様なサービス付加で高額になるのなら要らない、と言う方が多かった様に思う。

しかし、今はクルマはずっとレンタカーだったと言う方も少なくない。
そう言った方々なら毎年の税金や任意保険加入は煩わしく、更にはそんなの知らない、と言われてもおかしくない。

今後どの程度成功するか、見ものです。