新着Pick

「iDeCo」をほったらかす人は老後に後悔する

東洋経済オンライン
人というものは、「他人からもらったもの」にはあまり価値を見いだせない生き物のようです。とくに、勤めている会社から受ける恩恵は、当たり前のことと思ってしまうのか、まったく関心がないという人も少なくあり…
538Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も転職した際に売却となり、移管しました。
「iDeCo併用」が認められると、iDeCo口座については転職しても資産の売却が不要でそのまま継続となります。制度の有効活用と定期的なポートフォリオの見直しは行った方が良いですね。
「ほったらかし」でも元本が維持できるのであれば、それはそれで立派な運用です。

マイナス金利の時代には、ゼロ金利でも実質的には相応の金利がついているからです。
ましてや、本記事にあるように想定利回り2%も(本当に)付くのであれば、大変な高利回り運用と言えるでしょう。

iDeCoを利用している場合の併用のメリットは大きいですが、iDeCoは中度で取り崩すことができません。

年功序列賃金制度が崩壊するといわれている状況下、掛け金はできるだけ抑えた方が賢明だと思っています。
確かにDCとiDeCoでは自分が毎月拠出しているかしていないかで、確かに気にかけ具合も変わってくるかもしれませんね。
とは言え、iDeCoも基本的には長期の運用である程度放ったらかしにしておいても良いもの。大きく相場が変動したり、潮目が変わったり、また運用状況が送られてくるタイミングなので定期的に見直すと良いと思います。
想定する利回りを越えないと損するのは当たり前ですが、短期的に運用するよりほっておくくらいの気構えは必要。長い目線での見通しが変わらないなら、触らない方が良い。
題名はDCをほったらかす人は、の間違いでは?