新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「シゴテツ -仕事の哲人-」、A.T. カーニー日本代表・関灘茂さんの第4回です。29歳でプリンシパルになった関灘さん。クライアント企業の経営層は50代、60代の方で、親子ほど年が違います。若い関灘さんに対して「大企業での事業経験もない。起業経験もない。本当に実績はあるのか。どの程度の力量があるのか」とお手並み拝見ムードになることがよくあったそう。この状況から「お主、なかなかやるな」と一目置かれるまでに変えていきます。

---
今年1月に米系経営コンサルティング会社A.T. カーニーの日本法人代表に就任した関灘茂氏。神戸大学経営学部卒業後、A.T. カーニーに新卒で入社し、同社史上最年少の32歳でパートナーに、同じく史上最年少の38歳で代表に就任した。新卒入社の日本代表も初めてだ。

エリートコースまっしぐらと思いきや、新人時代は決してできるコンサルタントではなかったという。才能あふれる同僚に囲まれながら、どんな努力や工夫を重ね、頭角を現し日本法人代表まで上り詰めたのか。

阪神・淡路大震災での被災、コンサルタントという職業との出合い、A.T. カーニーで受けた強烈な洗礼のほか、今後の戦略など、関灘氏のこれまでの人生を振り返りつつ、仕事の哲学を探る。(全7回)

■第1回 A.T.カーニー史上最年少代表の凄まじい成長の加速度
■第2回 独自のアウトプットのためのインプットとプロセス
■第3回 経営コンサルタントとして「本物の基礎能力」を磨く
■第4回 「お手並み拝見」ムードから「お主、なかなかやるな」
■第5回 学者・医者・易者・役者・芸者「1人5役」を目指す
■第6回 クライアントやチームと「長く深い関係」を築く
■第7回 日本を変える、世界が変わるために我々が尽くすこと
若くしてトップになったり、異業種から転身してトップになるとその本来は”ノイズ”であるバックグラウンドが増幅されてしまってそれが足を引っ張ることが多くあります。

結果を出すこと、結果を出すまで待ってもらえる素地を作ることが大事なのはもちろんですが、私が思う最も大事なことは道中を気にしない鈍感さであると思います。
報告者となる経営リーダーが何を知りたいと思っているか、これをイメージできないと経営コンサルタントとは言えない、と思っています。もちろん、コンサル側もなんでも知っているわけではないので、自ずと限界がありますが、自分が調べた、または考えた事項について、「何を報告・提案すれば刺さるか」をこのリーダーの立場になって考えることができるかできないか、の違いなんだと思います。

これができれば、『お主、なかなかやるな』と思われるんだと思います。
29歳で大企業の50代、60代の経営層から「お主やるな」と一目置かれる。まずはコンサルとしてのアウトプットありきだろうが、「可愛がられる力」も大事でしょう。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。