新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
予想17.5万人に対して27.3万人と大幅に市場予想を上回った。
ドル円は発表前後で0.2円ほどの値幅で小さい動き、10年債利回りは日中ずっと低下していて0.75%割れているが、そこから変化なし。ダウ先物はー700ドル、日経平均先物はー400円。
利回り・株価ともに下落しているが、雇用統計由来ではない。

本来的には良い数値→利下げ懸念遠のき。でも今は雇用を見て動いているのではなく、コロナ拡大による経済停滞への予防的な動きもあろう。こういうイベントへの判断は難しく、早くに対処するからリカバリーできる側面も、貴重な弾を使っただけで終わってしまう可能性もある。ただそれは検証できないからその場その場の判断をするしかない。
非農業部門雇用者数は前月分も上方修正されてますし、失業率もコンセンサスより良かったのに市場の反応は今のところ限定的ですね。
やはり、所詮コロナ感染本格化前の数字ととらえられているのかもしれません。
雇用情勢はよいけど、fedの利下げスタンスは大統領選挙近いしで不動のようにみえますが‥ 投資家的には株買いか判断が難しいという感じでしょうか。
予想を大幅に上回る就業者数。

米国経済は相変わらず強いですね~。

利下げもしているのに、株価が不安定なのが理解できません。
平均時給は+3.0%。19ヵ月連続で3%台を維持。就業者数の伸びは前月同様、失業率は約50年ぶりの低水準と米国の雇用環境はいたって堅調。しかし、これは2月の数字。市場は新型コロナウイルスの影響による3月以降の数字を意識し、懸念している。
かなり強い数字だが、誰も見向きもせず。新型コロナウイルス前のバックミラーてして無視された。今のマーケットが、ちょっと壊れてしまっていることを、よくあらわしている市場の反応だった。
2月の雇用統計、非農業部門の就業者数は27万3千人増。市場予想175000人を大きく上回る結果に。通常であれば、これで株価は大きく上がるのだが、少しだけ戻したという展開。