新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウイルスは流行と共に変異し、ゲノムの塩基がランダムに変わる。科学者たちが、そうした遺伝情報の変化をすみやかにデータを投稿しているおかげで、アウトブレイクとしては初めて、ウイルスの進化と拡散がかなり詳細に、ほぼリアルタイムで追跡されている。
うわ、これ面白い(不謹慎でごめんなさい)。
特に下記を大きめのモニターで見るとドキドキします。
https://nextstrain.org/ncov

記事中に急にミュンヘンが登場したことに驚いています。
”ウイルスの系統樹が役に立つ。ウイルスの広がりを追跡し、封じ込めに成功している場所と失敗している場所を特定するのだ。

遺伝子データからは、ウイルスがヨーロッパに複数回侵入していることがうかがえる。そして現在、(研究者は早期に発見したと考えていた)1月のミュンヘンのアウトブレイクは、実際には封じ込めに失敗した可能性があることが示唆されている。

「2月1日以降に関しては、新たな感染例の約4分の1(メキシコ、フィンランド、スコットランド、イタリアでの事例とブラジル初の症例)がミュンヘンのクラスターに遺伝的に類似しているようです」。フレッド・ハッチンソンがん研究センターの研究員で、ネクストスレインの作成にも関わったトレバー・ベッドフォード博士はそう述べている。

系統樹においてミュンヘンから分岐する枝の「患者1」は、ババリア(ドイツ南部の州、バイエルン)の33歳のドイツ人ビジネスマンで、1月24日に発症し、のどの痛みと悪寒を訴えた。症状が出る前に、上海から来た同僚と会っており、この人物も後にウイルス陽性が判明したという”
ほんと100 or 0なんだ。

うまく対処してるかどうか全く関係ない。

一人でも逃したら、後々大爆発する恐れがある。