新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本人は特に親和動機が高い人が多くて、達成動機だけでやりがいを感じられる人は少ない。他者への影響を感じられない場では特にモチベーションが下がりやすい文化だと思う。「他者の顔を想像できる状態を維持すること」「相手の感情的反応を把握できること」は、リモートワークにあたってはとても重要な条件。
確かに。リモートの働き方だからこそ、オフラインでのコミュニケーション機会が重要になる。言い方を変えれば、良くオーガナイズされた直接的コミュニケーションの仕組みや、それに取り組む姿勢・理解があれば、絶対にみんなオフィスで!でなくても大丈夫、ということではないでしょうか。
今般の新型コロナはとんだ災難ですが、こんな「工夫」でせめてもの「学びの機会」を得たいですね。オフィスワーカーは。
新型コロナウイルスの影響でリモートワークを始めてみたら成長実感がわかなくて困る…そんな声を聞きます。リモート経営してみて感じるのは、リモートだからこそのコミュニケーションの大切さ。1on1、ピアボーナス、ランチ会、キックオフ、合宿…リモート×リアルのハイブリッドを日々心がけています。
記事によると、働きやすくなったらやりがいがなくなったと結論付けているように見えますが、果たして本当に働きやすくなるとやりがいがなくなるのか疑問に思いました。

また、「職場のコミュニケーションレベルの低下にある」要因が従業員のやりがいが低下したことを挙げていますが、これも腑に落ちませんでした。

私は、働きやすくなることと、やりがいは相反するものではないと考えています。
何事も一長一短という事ですね。

だからこそ、コピペではなく「チョイス」と「アレンジ」が大切だと思います。