[東京 5日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は、交渉を行っていた米石油精製大手のマラソン・ペトロリアム <MPC.N>傘下のガソリンスタンド部門、スピードウェイの買収を断念した。関係筋がロイターに対して述べた。

国内コンビニの成長が鈍化する中で、成長余地のある米事業の拡大を図るために交渉を行ってきたが、買収金額などで折り合えなかったとみられる。

セブン&アイの広報担当者は「ノーコメント」としている。

(清水律子)