新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
COVID-19 について、中国にて AIによる画像診断支援ソフトを開発したInfervision、こちらの記事に続いて、先程日本企業のドクターネット(JMDC子会社)との共同プロジェクトに関わる契約を締結した、というニュースも出ました。
https://www.innervision.co.jp/sp/products/release/20200417

こちらのAI診断支援ソフト、武漢市の新型コロナウイルス患者の症例で調査した結果、感度(陽性のものを正しく陽性と判定する割合)は98%で、特異度(陰性のものを正しく陰性と判定する割合)は82%という結果が出ている。

中国は規制が緩いのですぐに現場でTryすることが出来ていますが、日本で診断支援として利用するには時間がかかるでしょう。