新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事によるとストライプの説明は「査問会に参加したのは社外取締役3人、社外監査役2人、顧問弁護士1人、石川(社長)、取締役、疑義を提起した当時の取締役だった。そこでヒアリングを行ったが、セクハラを受けたという当事者からの申し立てではなく、その名前も分からないという状況だったため、査問会ではこれだけではセクハラの事実があったとは認定できないと判断した。ただし、石川と社員とのLINEでのコミュニケーションなどについては、トップとして社員との距離の取り方が近すぎると査問会から石川に対し厳重注意はあった。朝日新聞の報道では、セクハラの事実に対し査問会が石川に厳重注意をしたととれるようになっているが、距離の取り方に対して厳重注意をしたというのが事実だ」だそうです。

では、内部資料を入手し、関係者にも取材して証言を得ている朝日の報道を見てみましょう。

「朝日新聞が入手した資料や関係者への取材によると、査問会では、石川氏のセクハラ行為として、15年8月~18年5月にあった4件が報告された。

 4件のうち1件は、石川氏が16年に地方視察した際、女性の店舗スタッフを朝にホテルに呼び出し、本人の同意がないままわいせつ行為に及んだとしている。ほかの3件は①石川氏が宿泊研修時、LINEで社員に「内緒だよ」とメッセージを送り、部屋に来るよう誘った②店舗スタッフに深夜にホテルのバーに来るよう誘った③地方在住の店舗スタッフに、東京に来て「デート」するよう誘った――などとしている。


査問会では、石川氏が女性をホテルに誘ったLINEのメッセージや、無理やりわいせつな行為をされたという女性の証言などが資料として示された。

 資料では「その他の事例」として、「ストックルーム(倉庫)で抱きつかれた」「移動時に車内でキスされた」といった行為も報告された。

 関係者への取材によると、査問会後、石川氏は食事に誘ったりホテルに行ったりした事実について認め、陳謝したという。石川氏への処分はなく、厳重注意となったという」

これで「事実無根」と主張する広報部はなにのどこを事実無根と言ってるのか、僕だったら重ねて取材します。