新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記に尽きると思う。全てを機械で対応する必要はなく、リスク・コストとのバランス。あと、チートが頻発するなら、そういう人は出禁にすればいいと思う。
現実として、入店時には来ていたコートを買っている途中に脱ぐことはあろう。そういう場合にどれだけ対応できるかは気になる。ただ入店と退店でコートが違っていたかは、入退店時にアプリでチェックイン・チェックアウトするはずなので分かりそう。

『アマゾンの広報担当者はBusiness Insiderに対し、「Amazon GoとAmazon Go Groceryでは、ほとんどの時間を99.9%の善意の買い物客の体験を改善することと、ごく少数の悪意ある人を阻止することに費やしている」と述べた。』
この店の近所に住むジャーナリスト(ポッドキャストできいた)によると、お値段も普通のスーパーと同じかむしろ安いぐらいとのこと。ただし、その値段付けは戦略的なもので、実際にコストが安いわけではないだろうと話していました。

なお、サンフランシスコのAmazonGOはかなりお値段が高く、それに見合うオーガニックやグルメ系の高めの品揃えになっています。愛甲さんの仰るように、店員は普通ぐらいいます。GOでは、品物が識別しやすいようにという意味かもしれませんが、あまりギッシリと並べておらず、スカスカなので、頻繁に品出しが必要なように見えます。

しかし、写真を見るとこちらは本当に普通のスーパーと同レベルに見えますね。

この店でアマゾンが利益を出せるとは思えず、データ集めと「アンテナショップ」的な役割ではないかと思います。確かに、顧客からすると、スーパーの最大の問題はレジの行列で、この店はその点は明らかに解消しています。
以下の投資対効果に対するの割り切りというか、ゼロリスクではなく、現実解へのこだわりからは多くのことが学べると思います。

amazonで購入した品物へのクレーム時にも、これと同じ思想だと思われる「性善説」の対応がみられます。

(以下、記事中からの引用)
「Amazon GoとAmazon Go Groceryでは、ほとんどの時間を99.9%の善意の買い物客の体験を改善することと、ごく少数の悪意ある人を阻止することに費やしている」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
つい先日、ロックフェラーセンターの店で私も“盗み”にチャレンジしたばかり (^^;
天井のレールに一杯ついたカメラみたいなものを避け、こっそりバッグに品物を詰め込むスリルを味わったけれど、店を離れて暫く歩くと “盗った”品物の写真付きでスマホに“THANKS FOR SHOPPING,MASAKI”という”Receipts”が来て敢え無く敗退でした。でも不思議なもので、盗みにならなかったという安堵を味わったのもまた確か。トイレの中なら監視カメラはないだろうとまでは流石に思い至りませんでした (・。・;
そのときは入り口に世話係が一人いて全く無人という訳でなく、日本のコンビニならあの一人が送金から宅配の受付から住民票の発行までいろんなことをやるだろう、棚の欠品もあれほどは起きないはずだ、というのが正直な感想です。でも、そうやって揶揄していると、いつか流れに取り残される。
「アマゾンのGoストアは、同社の物理的な存在感を高めるための取り組みの一つにすぎない」・・・ 日本の企業じゃないのが悔しいけれど、やっぱり凄いなぁ、とは思います (◎_◎;)
日本でもLiquidがFANTRYという無人店舗を有楽町ではじめてます。これから国内でも無人店舗が普及していく可能性が高いですね!
https://apps.apple.com/jp/app/fantry/id1499068761
いじわる試験してる…まだ先の話だと思うのですが、こういう店舗が買収したホールフーズの店舗にどんな影響与えていくか、とても関心があります。
メモ、Amazon Go
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
170 兆円

業績