新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メンタル面によって軽度でも業務に差し支えがあるのでしたら、リフレッシュする時間を設けた方がよいです。
リフレッシュできない状態で働き続けることは当人はもちろん組織にとってもリスクが大きく、心が疲れたと感じた時は誰の目も気にせず休めるような組織づくりを行いたいですね。
職場でのメンタルヘルスについてオープンになるきっかけの最善策は上司が率先してメンタルヘルス休暇をとることだと思います。それも、黙って有給休暇を取得するのではなくて「ちょっと疲れたから休む」と宣言したほうが良いです。事実はともかく上司は自分の上位互換と思っている人が多いので、「あの人が休むなら自分も取ってみよう」となり易いです。

私は月に一回は休むようにしています。その日は午前中から1人で江ノ島とかに行って美味しいもの食べたり、好きなアーティストのLIVEDVDを見たり。でも、一番のストレス解消は感動系映画を自宅で見て半ば強引にでも号泣することだったりします。
メンタルヘルスに関して、理解しないといけないのは、人それぞれのCapabilities とその特徴です。
フィジカルヘルス以上に、平均的で捉えることが出来ないからです。
メンタルで押し潰されると、再起するのにはフィジカル以上に時間が掛かります。

そこで大切なことは、一人一人が自らのCapabilities の特徴をきちんと把握して、それを念頭において、自分で疲れたな?と思ったら、自分で休むことを選択することです。
日本人にありがちな、「会社は、上司は、分かってくれない、こんなに疲れているのに…」という受け身的な発想は、通用しないと思って、日頃から上司やチームと、コミュニケーションを密に取ることです。

もちろん、マネジメントの常識として上司が部下を気遣うのは当たり前ですが、上司が全員のメンタルヘルスまで把握するのは無理です。
いわゆる、身体を張ってまで頑張り過ぎないことも、会社員としての素養です。
制度としてはトップダウンで、現場の声としてはボトムアップで双方仕組みがうまくワークする環境作りがポイントになるかと思います。

特に日本人は「認知的不協和の解消」が強く現れるナショナリズムがあり、周りの目や雰囲気・意見に合わせに行く性質があります。
こと会社においては形だけの制度に留まる事が多いため、現場で率先して「上」が休みを取ったり、メンタルヘルスに関するエデュケーションを部下に対して実施する事が求められると思います。
申請するのではなく、兆候を捉えた積極的な勧告が必要ではないかと思います。
うちでは、メンタルヘルス委員会を立ち上げて取り組みを始めました。
上司等に言えないことも、この担当者に相談できるようにしてます。
うつ病になったことあるけど、真因を変えないと何も変わらないよ。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン