新着Pick
329Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大手企業を早期退職して研修講師やキャリアカウンセラー、コンサルタントとして独立開業を目指す人とお会いする機会もよくあります。

会社の中での実績を活かして、独立開業後の活躍を目指されるのですが、1年ほどで再就職される方も多いです。

独立開業すると、「技術力」「経営力」「営業力」の3つのバランスが求められます。
組織の中では分業なので、上記3つのどれかに集中することができます。

独立開業すると、自分の知識、技術を活かす場面より雑用に追われる時間が多く、それらの雑用は不慣れな作業なので自信を無くされるようです。

副業、複業が注目されていますが、セカンドキャリア支援として40代くらいから会社以外の組織での活動の場を作り、会社とは違う役割を担当して体験を積むことが求められそうです。
30年近く同じ企業にいれば、視野が狭くなるのはやむを得ないのでしょうね~。

とりわけ、「社内知」ばかり集めてきて、社外で通用する知識や経験を積むのを怠ってきた人たちにとって世間は厳しいものです。

お金は天から降ってくるものじゃありません。
仕事も同じです。

貪欲にもらいに行く姿勢が必要だと思います。
自分自身を営業しに行くようなものではないでしょうか?

収入は営業活動の結果です。

私が司法研修所を卒業して法律事務所を開業したとき、電話が壊れているのかと疑うほど電話は鳴りませんでした。
日々、税理士さんや司法書士さん、その他いろいろな事務所を挨拶回りをしました。

それでもなかなか仕事はやってきません。
ある程度の期間は結果なんて出ない、と割り切るしかありませんでした。
「やりたいことがない」当然ですよね。

会社から仕事を与えられ、働かされる。それを30年も続けたら、自分で考える力も衰えます。

「自律キャリア」なんて容易じゃありません。給料も年功序列で上がってきた人が多いから、自分の市場価値なんて考えない。

給料は仕事の価値というより、社内の役職、つまり肩書きの対価だと思っている。

こんな残念な人たちが、厳しい現実にさらされることは、働く人全体にとっては悪いことではない。

少しでも早いタイミングで、自分の甘い認識を改めたいですね。
今の40代、50代が大学を卒業してから、何度か経済危機がありました。なんと言ってもバブル崩壊、そして、ITバブル崩壊が数回あり、リーマンショック。

それを曲がりなりにも企業で働いていて、危機感を自覚するタイミングが一度もなかった…とは思えないのです。
だから、この記事のような甘さを持つ人が全てだとは思えないです。淡々と、現実を受け止めている人は声を上げていないか、そもそも、きちんと転職など出来て、自分なりの幸せを築いているから、何も言わないのではないでしょうか?

だから、本当のところ、この記事のような人ばかりではないと思うのです。

あと、この記事にある、

私は権利を主張するより義務を果たすのが組織人だと思うんです

こういう人は海外にもたくさんいると思います。ただ、きっと年収は400万円から500万円くらい。つまり、問題は、年功序列賃金体系だと思います。
職務給が一般であれば、こういう人が組織にいて当たり前だと思います。

昔、とある小売業の創業者が、将軍も必要だけれども、兵隊も必要だと言っていました。一番やってはいけないことは、兵隊に将軍の役割を幹部が期待することだ…と。
書かれていることは確かにごもっともなのですが、バブル崩壊以降の日本の政策当局がもう少しましな政策をして、デフレを長期間放置しなければ、もう少しましだったと思います。
という意味では、50代会社員も半分自業自得ですが、半分は犠牲者だと思います。
50代ならお子さんは大学生だったりしますよね。
大学生のお子さんを養うなら、700万円って最低限の年収ではないかと。
年収700万なら手取りは500万円台。
子供の学費で200万円、家のローンで200万払ったら.
残りは100万円台。カツカツですよ。

そう言う方々をぶった斬って、この先どうなるのかと。
個人的には、企業側に大きな責任があると思う。企業からの指示を受け、真摯に取り組んできた人達にもリスク観点が無かったのか?という見方もあるだろうが…、眼前の仕事が沢山あれば、そんなこと考えている余裕なんか1ミリも無いと思う…。彼等は、企業の成長を支えてきた事実が明確にある。企業が変わらなければ、また同じようなことが起こりえる。なぜなら、大半の人は、結果的に、組織に"ぶら下がっている"人達になるのだから…。将来に渡り、企業の持続的な成長を考えるのならば、一人ひとりの従業員の活かし方をもっと考えるべきだと思う。彼等に、自身のキャリアを真剣に考えさせ、積み重ねてきた経験、専門性をどのように活かせるかを常に考えさせることを促すことが求められる。現業に就きながら、新たな仕事を一人では、中々、仕事は創れない…。組織の中には、自身とは異なる能力と経験を持っている人がそれなりに存在する。彼等を組合せ、考える機会を意図的に醸成するだけでも、大きな一歩と成り得る…。CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の取組みは、その役割をもっと担っても良いと思う。企業は、今までの人材活用の在り方を抜本的に見直し、常に将来を展望する"頭出し"を一人ひとりに示し、動機付けしていくことが求められると思う…。
「自分のキャリア、自分の人生について、自分自身の頭で考えてみよう。深い自問自答を積み重ねれば、きっと答えは見えてくる。すぐに見えなくても、やりたいことに打ち込んでいる社外の多様な人たちに会いに行くことで、自分を見つめ直すことから始めてもいい」

若手へのメッセージのようだが、このメッセージは50代からのキャリアを考えるべく、この記事にあるメッセージだ。

50代には今からだって遅くないってことだし、若手にとって場所早くからキャリアについて考えておいて悪いことはないってこと。

とにかく与えられた仕事をやるだけでなく、自分のやりたい事と、強みと弱みを理解して働くことが大切だと思います。
給与は提供価値の裏返しということを理解することが重要です。

組織内で、700万円の年収が得たかったら、ざっくり考えても1000万円~1500万円の直接・間接価値を提供できることが前提となります。

個人で事業をするのであれば、オーバーヘッド分がなくなるので、もう少し少ない価値提供でもいけるとは思いますが。

一番大事なことは、自分が、どのような価値を、どれだけ提供できるか?そして、それは市場から求められているか?ということです。

いくら高い価値提供ができても、市場から求められていなければマネタイズできないのは、通常のビジネスと同様です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
個人も企業も「社会が変わらない」という身勝手な甘えを持っているのではないかと考えています。個人や企業にふりかかっている急激な変化を、自分事として考えられていないことが大きな原因です(下手すると変化を感じることすらできなくなっている可能性も…)。

ここ30年、昔のモデルのままでも何とかなってしまっていたので、自分の身が本当に危機的な状況に晒されないと気がつけないだけです。

令和の時代に昭和な価値観で何とかなってしまうことが異常です。