新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つらいけど耐えるときですね...政府支援も期待されますが、そもそも平常時でもキャッシュフローが回ってない宿はたくさんあるので、とてつもなく大変な状態です。

ところで、遠出は確かに飛行機や新幹線など不安が残るけれど、近場の観光地へレンタカーや自家用車で行くならむしろ安全(人との触れ合う数から確率的には)だと思うので、家族や友人との時間を少し遠くに行くのはおすすめです。特に、今すごくお得感あるので。
つぼみほころび、桜が咲き、日に日に暖かくなる今頃は、旅行にはぴったりのおでかけシーズンであるとともに、春休みは本来なら家族旅行や、卒業旅行シーズンでもあります。
また、気温の上昇につられて雰囲気は盛り上がり、消費意欲も刺激され、本来なら、ゴールデンウィークの計画や予約が盛り上がる時期です。宿泊施設は、3月はまだしも、4月後半やゴールデンウィークの予約が入らないことに危機感を募らせています。

日本国内の旅行消費額は、日本人による国内旅行で約20兆円の市場があります。
インバウンド市場は、成長著しいですが、まだ、約5兆円です。

海外からの日本渡航自粛命令が続く中では、
観光業界には今こそ日本人による旅行の力、消費の力が必要です。

ロコパートナーズの篠塚社長が書いてる通り、国内旅行における自家用車移動なら、家族以外の接触は少なく、
地方の方が新鮮な空気とまばらな人影(汗)で、リフレッシュできます。

ちなみに、国内旅行市場の6割は自家用車もしくはレンタカーの移動となっています。

ちょっとゴールデンウィークのカレンダーを確認して計画を立ててみませんか?
うちも明日から行くはずだった沖縄旅行がキャンセルになりました、、

今回のキャンセルに伴い航空会社各社さんは全額払い戻しに応じて頂き感謝です。宿のairbnbはキャンセル全く効かず、清掃代以外全額払うことになりました、、トホホ、、

楽しみにしていた3歳の娘が「コロナって嫌だよね」ってちゃんと受け入れてくれたのが唯一の救いです。

というように、悲しみと共に経済活動が停滞しています、、

個人的には空港にタクシーで向かったり、集合的な施設を利用しなければ都内の満員電車よりも旅行のリスクが高いとは言い切れないと思っていますが、「万が一感染した時に職場の人に旅行でかかったと言えない」みたいなリスクも恐れられているのかなと思い。
旅行業界への影響は大きいですよね。。今月は耐える時ですね。飲食業界の友人もつらそうで、なるべく顔出すようにしてます。がんばりましょう!
コロナ関連倒産も、ホテルや客船など。規模が大きいところでも、移動に関わるものはこれからが山場だろう。特に航空会社は、元々脆弱だったいくつかの企業はますます厳しくなるし、再編も進みそう。
SPEEDAで所属する企業を見ていくと、株主資本比率やその純資産の絶対額でJALは57%・1.2兆円、ANAも41%・1.1兆円と体力がある。一方で、Airfrance KLMは6%・2400億円、Korean Air 11%・3000億円あたりはどうなるか(機材の量とのバランスや、路線がどこに集中しているかもあるが)。米国で広がると、Americanが元々レバレッジを聞かせていて株主資本比率がゼロ近傍なので一番厳しそう(時価総額もほかの大手は1兆円超えているのに対して約9000億円)。
先週・今週と多くのご支援先で資金繰りの話をする事が多いですが、肌感覚で恐縮ながらこの影響が3ヶ月を超えてくると非常に厳しいサービス業は多い印象です。終息宣言後の脱自粛モードのスピードも大切です。
旅行業界は打撃大きいですよね..

そもそも施設が空いていないし、
イベントも自粛ムードになっているので、
お出かけシーンが物理的に作りづらくなっています。

この業界に身を置くひとりとして、この先、春休み・GWなどがあるのでそこまでに自粛ムードなどが収束することを願いたいです。
観光業界だけでなく、小売業全般が売り上げの急減に見舞われていて、資金繰りが厳しくなっている企業が多数出てきています。政府と銀行による資金繰り支援が急務です。2〜3月の売り上げ減が資金繰りを直撃するのは、だいたい4〜6月です。
日本旅行業協会と日本旅館協会の調査結果が出た。

3月〜5月宿泊施設ゲスト数:前年比ー45%

国内個人旅行の予約数: 
3月 前年比 ー34%
4月 前年比 ー50%
5月 前年比 ー30%

現時点での先の予約状況なので、これからゲスト数も予約数も増えると思うが、宿泊施設の月次売上は平均ー50%になると予想する。
団体旅行客の比率が高い宿泊施設はさらに、月次売上が落ち込むと思う。

日本のAirbnbは世界と異なり、圧倒的に事業者による物件が多く、今回の不況で多くの従業員の生活が危機にさらされています。

政府からの大型支援を早急に受けなければ、従業員を減らす事業者も大量に出ると思います。
それによって、日本のAirbnbの質は低下します。同じ事が通常のホテルや旅館、ゲストハウスにもいえます。

よって、東京五輪を開催するのであれば、同時に旅行や宿泊業界の支援を増やさなければ、日本のホスピタリティの質は大きく低下します。
中国市場向けにお仕事させてもらってる手前、ご支援先の会社が苦しんでるのを見るのは辛いですが、海外の方々も、日本に来たくても来れない状況なので現状はどうしようもないです。
それよりこのピンチのときに、どれだけ未来に向けて準備できるかが重要なので、特に中小企業でインバウンドに取り組んでいる、これから取り組みたい企業さんは今から準備してほしいです。
今から、無料でもできることはたくさんあります。
基本的に、インバウンドは施策をしてから効果を実感するまでにタイムラグがあります。
国をまたいでいるため、プロモーションしてすぐに店舗に来るみたいなことはあまりないからです。(たまに、プロモーションしたらすぐに店舗に中国人が来て爆買していった!というケースはありますが、それは在日中国人転売屋が大半です(笑))
また、新規来店客がクチコミを書いてもらって他の人たちが見て、来日・来店するところにも時間がかかります。
経験値だと早くて1ヶ月、通常は3ヶ月~6ヶ月くらいかなと思います。
来たるべきインバウンドブーム再来に備えて、しっかりとマーケティングをしていきましょう。自戒も込めて。