新着Pick
1208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いずれも、多くの成功者たちが語っていることと大した違いはないと思います。

成功には様々な要因が絡み合うので、別の人が同じことをしても成功するとは限らない。
それに対し、失敗は原因が明瞭にわかる場合が多いので、他者の失敗から学ぶことは多い。

よく言われる言葉です。

ただ、マーケットプレイス、プライム、AWSの3本柱を作った点は、先般亡くなったジャック・ウエルチの「選択と集中」に通じるものがあるような気がします。

リソースを柱に集中させてやたらと業務範囲を広げない。

経営者が常に規模拡大の誘惑(エンパイアビルディング)に晒されていることを斟酌すれば、これを実行するのは案外難しいものなのです。
株主に宛てたレターから成功の理由を分析した「ベゾス・レター」。そこに込められた想いは、企業の方向性を決めます。

意思が企業を動かし、成功へ導く。意思のない企業は、時代の荒波に翻弄される。たまに波に乗れていい時もあるが、すぐに沈んでしまう。

アマゾンの成功は、ベゾスさんのビッグビジョン(夢)と強い意思によってもたらされたというのが、このレポートから伝わってきます。
・「いい失敗」を促す
・大きなアイデアに賭ける
・長期的な考え方を採用する
上記の三つに特に共感します。

14カ条のうち、どれが響くかは、その時の読み手の状況によって変わるのでしょう。
———-
アマゾンは、創業間もない頃から長期目標を優先し、四半期の株価や収益などの数字を無視することに成功してきた。
———-
言うは易く行うは難し の真骨頂な気がします。
見習いたいけれど、毎日世の中と同じ、普通のことをする誘惑にかられます。
強靭な精神力が求められます。
記事より「例年と同じく、最初の1997年版レターの写しを添付します。毎日が1日目だからです。
――ベゾス(2018年版レター)」

Still Day Oneは一番好きな言葉で、実践し続けるためには常にDay1であるように努力をし続けなければならないことだと認識しています。

2017年のレターでは「2日目(Day2)」についてもベゾスは言及しています。
この時は「Day2とは?」というのをみんなで考えてそうならないようにやっていかないとね、とチームで話しあったことが記憶にあります。

「Day 2とは停滞であり、存在感は失われ、苦しみと衰退が続き、やがて死がやって来る。だからこそ常に「Day 1」であり続けなければいけない。」
ほとんどのビジネスディシジョンは2型なはず。どんどん決定して、どんどん失敗=修正して行けばいい。

「1型は、重大かつ後戻りのできない大きな決定。2型は、変えることも取りやめることもできる、うまくいかなくてもこの世の終わりにはならないような決定だ。」
シンプルで且つ深い洞察力に裏打ちされた成長原則ですね。それは常にマーケットからの視点を最重要されているからですね。
大企業で分かっているができないと言われそうな2つ「アマゾンでは失敗が予算に組み込まれている。失敗から学ぶことで、新たなものを構築できるとわかっている」「ベゾスのレターには、毎年必ず1997年版レターが添付されている…創業時にこだわっていたのは、顧客を喜ばせることであった」
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
133 兆円

業績