新着Pick
263Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マジで出遅れでも二番煎じでもなんでも良いから、企業はどんどんこういうプレスリリースを打ってほしい。私が喜ぶ。なぜなら、名のある企業がどんどん決断していくのを見て、動く企業があるから。

コロナ騒動は不運ですが、せめてリモートワークが広がる好機だと思ってます。私の母は車いすユーザーですが、東京の満員電車は駅員の介助があろうとも絶対に乗れないので、7:30-11:00の間は出社できませんでした。補助犬ユーザーなども一緒です。ちなみに補助犬は外出の準備で清潔を保つなどのルールがあるので、出かける準備で1時間半とかかかります。足が不自由な母も着替えたりするのに2時間です。でも、障害があることを理由にリモートワークを許している企業は、ほんの少ししかない。こんなんで法定雇用率を満たせとか、職場の多様性をとか、無理なんです。絶対に。

だから、せめてリモートワークの可能性と普遍化だけは、明るい進歩にしたい。どんどん企業はリリースだしてほしい。それだけで未来がちょっと明るくなるはずだから!
まだまだ感染拡大の様相がある中、良い判断だと思う。 業種や就業形態、住居形態によっては在宅勤務が難しいケースもあると思う。 その方々への対応は別途検討してベストな方法を実施することは絶対必要。
できるところでは拡散を防ぐ意味でも、在宅を実施する事が 社会への貢献となる。
リモートワークの一番の障壁は「上手く行かなさそう」という漠然とした(根拠のない)不安だと思っています。実際にやってみると、思ってたより問題ないかも、という新たな発見になるパターンが多い。つまり食わず嫌いなんですよね。

だからこそ、今回コロナの唯一良かったことは、企業が在宅勤務・リモートワークを「味見」してみるキッカケになったということかなと。

今後コロナが収束したとき、また100%出社型に戻るのではなく、必要なときに必要な形でリモートワークを取り入れてOKという柔軟な働き方が増えるといいなと思います。

---
米国でリモートワークをしてみたら、誰にでも必要なビジネススキルが身についた話:
https://note.com/eikoichikawa/n/n85e19e77fe52
もう大手企業の”リモートワーク実施”のニュースは見飽きた、という声も聞きますがどんどん出た方がいいと思います。「やっぱりうちも・・」という企業が増えるのはいいことだと思います。試すのに一番最適な機会です。

東京でもリモートワークの会社は増えましたが、まだまだ時差通勤の会社の方が多い印象です。なぜなら電車に乗っている人が減っておらず、適度に分散してずっと”混んでいる”状態だからです。時差通勤にしても1-2時間ではなく午後から、などもっと思い切った決断が必要になってくるのではないでしょうか。
このままリモートワークデフォに雪崩れ込みそう
Twitterは #COVID19 対策で、世界中のオフィスに勤める全社員に対し、原則として在宅勤務としました。日本、韓国、香港など学校が休業となっている地域では在宅勤務を義務付けています。米国でもカリフォルニア州で市中感染とみられる事例が出てきており、いよいよ米国の感染症リスク対策も本格化するとみられます。Twitter社内ではGoogle Hangoutでのミーティングが使われているようですが、Hangoutに対応していないクライアントとの打ち合わせでは、クライアントとのビデオ会議をHangoutでほかのメンバーに中継する形で切り抜けているそうです。
本人は、在宅勤務でも、オフィス以外のe-workでも、大抵のことはオフィスに行かなくても出来ると思っていても、家族の理解を得られなかったり、個人のオン・オフの境目が分かり難く、他者との協働に少し戸惑っていたり、自分以外の人達の理解度合が原因で在宅勤務が浸透しなかった実情もあると思う…。この事例のように、企業側から大胆に、"オフィスに来ないで、パフォーマンス上げてみよう!"という明確なダイレグションがある方が、思いっきりスッキリして臨めると思う。同じ目線で臨める環境は、とても大事だと思う…。
だからどうした?としか思わないですけどね。
世界の就業者の大部分は、集まって肉体的・物理的に働かないといけない仕事であふれているし、現状の世界は彼らの仕事で成り立っているものが多い。やれる人はゆればいいし、というだけの話。
弊社も急遽、在宅勤務が推奨されることとなり、この2日間は在宅でした。以下2点をクリアする必要がありましたが、意外と何とかなるものです。
・モニターがないので作業効率が落ちること。
・紙の報告書や申請。

電話は携帯で済むし、打ち合せはビデオ通話で対応可能、紙は遠隔で印刷をかけ、事務所にいる人に提出してもらう。となると、リモート前提であればどうしても事務所でなければならない理由は限りなく少なくなるようです。
オフィスワークはリモートワークでできる仕事ばかりですよね。やってみて思いますが、メリットは集中できて生産性が実感値3倍くらいになること(オフィスだといかに邪魔が入りやすいかがわかる)、デメリットは自分で休憩時間を決めないとずっとPCとにらめっこしがち。家が散らかってると掃除からスタートになること(笑)
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
5.64 兆円

業績