新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回のリーマンショックの時は、協調利下げは一旦マーケットを押し上げたものの、本格反転には半年後の銀行への公的資金注入枠の確定を待たなければなりませんでした。

金融支援は時間稼ぎ。今回も、やはり本格反転には問題の根源である感染をいかに制御できるかが鍵となるのでは…と思います。
08年10月と異なるのは如何に「協調」と言えども、各国中銀の糊代が異なるので協調できるのは声明だけで利下げではということでしょう。もっとも当時も日銀だけは参加できなかったわけですが・・・

しかし、利下げや声明で感染拡大が止まるわけではなく、文字通り対症療法とならざるを得ません。
ボラティリティが下がるだけでも、株の売り圧力はなくなる。まだボラティリティは相応に高いが。米国株の魅力は何といっても回復力。
リーマンショックの際は、米国株は下落前の水準に戻すのに1年ちょっとの時間がかかった。一方、日本株は5年もの時間を要した。2011年の米国債ショックでは米国株は半年、日本株は1年。2015年のチャイナショックでは米株は3カ月、日本株は2年。2018年末の世界景気不安のショックでは、なんと米株は1ヶ月で回復、日本株は未だに回復できていない。
過去の例では金融システムや信用リスク不安がある場合は、それなりに時間がかかるが、そうでない場合の戻りは米国株に関しては、かなり早い。日本株は割安感から下げ止まりはするものの、回復時期では他国に比べて鈍い。
さて、今回はどうなるか??
やはりダウ大反発きましたね!前、書いた予想再稿しておきます。ここから乱高下しつつも上がっていくトレンドは間違いないと思います。


今回のコロナにより株価下落でリーマンショック的な大恐慌を心配する人は多いけど、絶対にそんなことにはなり得ない。米国の実体経済は好調。S&P500のPERは16.7%で高くない。元々FRBは今年利下げはない予定だったのが、今回の危機で利下げ(0.75%-1%)してくるだろうから株価にはプラス。より割安感が出てくるだろうから米国株は大反発すると思います。

日本はアベノミクスの弾切れと、消費増税の悪影響で実体経済が最悪になってきているので、苦しいと思う。けど、米国株が好調な限り世界的な大恐慌にはなり得ない。日本はこのままズルズルと衰退していくか、消費減税で息を吹き返すかの瀬戸側。次の選挙は野党は「消費減税で日本を救う!」のワンフレーズで行けば政権交代の可能性もゼロではないと思う。とはいえ消費減税も問題の先送りでしかないから、人口減、高齢化を解決できない限り日本の未来は暗いことには違いはないけど、短期的な景気回復にはなる。
ダウ+5.09%、S&P+4.60%、NASDAQ+4.49%。
先物含めて見ると、恐ろしいボラ…昨日の日本の場中には+500ドルほど、その後日本時間21時くらいにはー300ドルほど、そしてプラスで寄って、そのまま昼くらいからは+600~800ドルの推移で最後の1時間でさらに700ドルほど上げて1200ドル。どんなジェットコースターだ…
10年債利回りは昨日の日本時間には1.1%割ったが、1.15%と多少増加、ドル円も108円台に戻り、日経平均先物は+150円ほど(ただ昨日の米株の動きを見ると、今日はもっと上がりそうに思う)。
今は各国中銀による協調口先介入状態。ただ昨日下記でコメントしたように、実際には米国以外は金利が相当に低い状態で、実際の介入には結構ハードルが高いようにも思う。そのなかで、それを試しに行くような市場の動きが再度出てくる可能性も頭の片隅に入れたい。
https://newspicks.com/news/4682779
先週末の下げ止まりから、週明けは大きめの反動。わかりやすいリバウンド相場。短期売買に徹する方には良い相場つきだろう。とはいえ、少し長い目で見れば、ここでひと段落ついても、2番底の深さがどの程度になるかは意識せざるを得ないかと思う。できる限り一喜一憂せずに観察するのが肝要。
パニックだったとはいえこれは大きい反発ですね。
今までの経験上ここで売るともう一段担がれたりするので
明日まで待ってから仕込んだもの利確と新規売りで入りたい。

コロナの影響は長期化するとみているので、
純粋に買いで入るのは怖いしリスク高いと思ってます。
リーマンショックは、経済の根幹である金融機関の破綻とサブプライムローンがどこに潜んでいるかわからないという経済の根幹を揺るがす内的要因が原因でした。

コロナウイルスは、地震や台風のような外的要因。

同じレベルで考えるには、いささか違和感を覚えます。

とはいえ、コロナウイルスの感染が想定外に広がれば、市場は悲観的になります。
一刻も早く収束することを祈るばかりです。
君子危きに近寄らず。ボラティリティーが滅法高い時の売り買いはプロにまかせて、我々素人はコロナに乗じて儲けようなどと考えず動かないのが吉なのかなと思いまする。
このボラティリティですと、いろいろなことが正確に織り込まれているという感じではないですが、しっかりと反発もするというのは市場関係者にとっては少し安心材料になるかと思います。