新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
江川さんの鋭い切り口。

 「安倍政権で行われているのは、「記者会見」とはとても呼べない。1人ひとりの記者が、官邸の意向にあらがうのは難しいかもしれない。けれども、権力者がメディアをコントロールしようとする時に、それと対峙し、取材の自由、報道の自由を守るためにこそ、記者クラブは存在するのではないか。これが、記者クラブの最大の存在理由といってもよい。」

「安倍首相自身が、「国民が知りたいこと」ではなく、「自分が言いたいこと」を言うのが広報であると勘違いしているからだ。彼の情報発信はいつもそうである。」

残念ながら既に江川さんと同じ考えの国民は多い。首相の傲慢さを感じたから支持率も下がっているのでしょう。

記者は首相に忖度することなく、記者クラブとして筋を通して本質的な会見を開くよう働きかけてほしい。記者の価値が問われますね。