新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ホテルや観光業もそうですが、インバウンドという他力本願で業績が伸びただけなのに、実力で伸ばしたと思いたがる経営者が少なからずいます。

他力本願で恵みが来たときこそ、経営体質を筋肉質に変える必要があるのですが、それを怠っていたところも多いのでしょう。

コロナウイルスが収束して業績が回復したら、是非とも「今回の教訓」を生かして欲しいと思います。
消費増税、暖冬、そして今回の新型コロナウィルスによるインバウンド客の激減。軒並み百貨店売上は以下の通り昨年度対比二桁ダウン。
そして、百貨店売上は株価と連動すると言われる為、世界的な株価下落が更に追い討ちをかける。

●三越伊勢丹ホールディングス
 伊勢丹新宿本店 89.6%
 三越日本橋本店 84.1%
 三越銀座店   63.8%

●高島屋
 大阪店     74.4%
 京都店     84.4%

●J.フロント リテイリング
 大丸心斎橋店  54.5%
 大丸梅田店   77.7%

●エイチ・ツー・オー リテイリング
 阪急うめだ本店 81.9%
 阪神梅田本店  80.1%

●松屋
 銀座店     67.6%
私はよくリアル店舗がメインの小売業の人は与えられた立地、売場に酔いすぎだと言ってきましたが、今まさに「お客様は黙っていても来る」という甘えた考え方では生き残れなくなってきた。

コロナと同じような事はまた何時起こるかわからない。
海外の人たちにとって魅力的な日本にしなければ、日本の経済は立ち行かない。お客様がお店に来れなくなった時のデジタルタッチポイントの整備も不可欠だ。

この教訓を生かして立ち上がる小売業が出てくることを期待したいと思います。
新車販売も近いものがあります。
日本人は中国人みたくネットで車購入したりしませんから、消費増税に加えてコロナで外出が控えられるとなると、自動車関連も厳しいです。
中小企業だとキャッシュが潤沢に無い所が多いので、資金繰りの問題は大きいです。国内消費がどこで持ち直すか。ケース別で細かく対策を考え実行する打ち合わせが非常に多いです。
えっ、ヤバいな… 銀座と心斎橋店の落ち込みがより激しいのは中国人観光客依存度かな

大手の主要店舗の2月度売上高の前年同月比(速報値)である。

●三越伊勢丹ホールディングス
 伊勢丹新宿本店 89.6%
 三越日本橋本店 84.1%
 三越銀座店   63.8%

●高島屋
 大阪店     74.4%
 京都店     84.4%

●J.フロント リテイリング
 大丸心斎橋店  54.5%
 大丸梅田店   77.7%

●エイチ・ツー・オー リテイリング
 阪急うめだ本店 81.9%
 阪神梅田本店  80.1%

●松屋
 銀座店     67.6%
経営体力のある大手はいいが、地方・郊外にある百貨店が心配
暖冬加えての新型コロナウイルスによるインバウンド需要の落ち込みは百貨店業界を苦しめているようです。