新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
低気圧が近づくと頭痛や関節痛がする、あるいは喘息の症状がひどくなるといったものや、逆に気圧が高いと頭痛がするという症状を訴える方は多くおられます。気象病といわれ、昔から気象との関連は指摘されつつも、研究例は少なく知見は多くはありません。研究の第一人者である佐藤医師は「天気痛外来」を開設しておられ、患者の中には積乱雲が接近することによる気圧の変化を感じ取って「今から豪雨が来るよ」という方がいたり、高層ビルに上っただけで体調が悪くなる方もいるということから、気圧の変化の要素が大きいのではと指摘しておられます。

また、気温の変化によってうつ病の発生と関係があるのではという経験者からの意見もあり、気象と医学の関係は深いものがありニーズもあると感じています。

今回の予報は主に佐藤先生の気圧による体調の変化に注目して作られている予報であるようです。仮に気温の変化が体調の変化をもたらしている方がいるとすれば、そういう方にはマッチしない予報となるかもしれません。患者から多くのフィードバックを受けてより精度を向上させていくことができれば、面白いコンテンツになると思います。
私も、気圧の急変には弱いです。
あー、身体がだるい❗️と思い、天気アプリで気圧を見ると、大抵前日より下がっている時です。

でも、今は何より花粉です。
花粉も辛いけれど、運動しないともっと辛い…

1年で一番憂鬱な時期です。
認知症の方のBPSD(認知症に伴う行動心理症状)発生に影響を与える環境因子の一部として、今後AIが抑えるべき情報として転入出来そうですね。湿度や気圧も解析のアルゴリズムに組み込んでいたようですがら。
僕は平気なんですが、知人に何人か低気圧時の頭痛を訴える人がいます。
こういうコンテンツで予防は難しいかもしれませんが、理解につながるデータが取れれば良いなと思います。
天気が体調に影響をあたえることがあることは昔から言われているが、このように明確にアプリでわかると気持ちの準備ができるのでとても良さそう。