新着Pick

HIS:今期11億円の最終赤字予想に転落、新型コロナ影響で

Bloomberg
旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は2日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が見込まれることなどから、今期(2020年10月期)の純損益が11億円の赤字に転落する見通しだと発表した。
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10月決算の見通しを今。早いですね。このスピード感で試算できることは、IR観点では株主をむしろ安心させるかもしれません。

海外の方の訪日旅行リードタイムは、短くても2ヶ月程度、必要ですから、仮に5月に収束宣言出して、そこから2ヶ月で7月まで響く、は、妥当かもしれません。
インバウンド事業では、前月対比1割など普通にあります。

インバウンド事業者は国内旅行も対応していくなど、直近の対策としてやっているとこもありますが、こちらも減っているので、焼け石に水という感じです。

インバウンド事業者も苦しいですが、ツアーガイドさんとかは業務委託でツアーがある時しか収入がないので、本当に大変かと思います。

とにかく、今を乗り切りるために頑張りましょう!
HISは10月決算の会社で、第1四半期(11-1月期)の業績を本日発表していますが、同時に第2四半期累計、および通期業績の見通しを下方修正しています。コロナウイルス の影響を7月まで見込むこと、ハウステンボスの稼働が思い通りではないことを勘案する一方、ハウステンボスの臨時休園の影響(2/29-3/15)は十分織り込んでいない段階ですが、営業利益は前期通期175億円から今期は17億円まで減るとのことです。 
 この手の業績修正、および来期業績見通しについては慎重な数字が並びそうですね。
 ちなみに、カッパドキアのホテルの運営会社の経営権を取得するとも発表。アセットヘビーな事業展開へ変わっています。
旅行会社の業績は、意外と先が読み易いです。
何故ならば、日本を発着する飛行機の席数のシェアは、席数が変動してもあまり変わらないからです。
HISは、月次業績速報を毎月出しています。
https://www.his.co.jp/ir/monthly-report/

航空会社のフライトの減便状況は、今頃は夏の海外旅行のための飛行機の席を仕込む時期なので、ある程度HISは、一般より早く状況を掴んでいることでしょう。
早めに赤字予想を出すことも、ある意味、ポジティブな判断かと思います。
この10月期までは読めても、その翌年の業績回復のカーブが読めないところが、旅行業界は厳しくなりそうです。
影響大きいですね。。
「ハウステンボスグループでは2月29日から3月15日までテーマパークの臨時休園を決定しているが、この影響は現在算定中で今回の業績予想には反映していない」とも。
株式会社エイチ・アイ・エス(英語: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。 ウィキペディア
時価総額
1,350 億円

業績