新着Pick
280Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大企業のこういう行動は、どんどんバズらせよう。
そんなに評判を上げることになるならと、他の会社にも広がると良いな。
素晴らしいです。どうか、食事が必要な子どもたちに届きますように。
学童保育施設の昼食支援でおにぎり3万個、牛乳を飲む機会を設けるためにホットミルクとカフェラテの値引き販売。消費者に寄り添う対応ですね。

そもそも自社もコロナウィルス対策で大変な中で、素晴らしいの一言につきます。

さすがマチのほっとステーション、通う回数が増えてしまいそうです。
これはありがたいですね。お店も品薄だと聞きますし、給食がないことでの食費アップもご家庭に影響があると思います。
ローソン自体も品薄対策などバタついてるタイミングだろうに、そんな中でも素晴らしい判断と行動力。他のコンビニも別の手で何かやらないかな。
一方では給食用の食材が大量に余ってる…みたいなニュースも見るので、上手く回せられれば食材廃棄がなくなるのに…とも思ってしまいました。

とはいえこの動き自体は素晴らしいですね。

論点ずれますが、私は12月から世界一周をしているので、日本のコンビニのおにぎりが恋しいです…
すぐお手頃に手に入るところも、あのなんとも言えない味も、コンビニおにぎりは世界最強のファーストフードだと思う。
日本も企業の社会的存在価値を色々な形で考えるようになってきている証拠ですね。(アメリカに近くなっているような気がします)
政府が出す施策は、いくら迅速に実行しようとしても時間が掛かります。そこを補填するのが民間企業の取組みや、寄付で動けるNPO団体です。
今回は、いち早くローソンが動いた形と言えるのかと思います。
日本での給食が一番バランスが良い食事になってしまう児童が増えていると聞きます。せめて、ごはんと牛乳が食べられれば、余裕がない親御さんにとっては安心だと思います。
企業のこういう施策をすぐに実行できる会社は、
常に社会というステークホルダーのことを考えているんだろうなと思います。

ピンチはチャンス!

逆境社会だからこそ、みんなで相互に一致団結して乗り切りたいですね。
どんなことでも、小さなことでも、大きなことでも、実際に行動を起こすことができた人や企業、行政は、本当にすばらしいです。

土日で、考えましたが、自分でできそうな小さなことを10個程度しか思いつきませんでした。

通常、仕事で新規事業開発を考えるなら、100個はアイデアがないとスケールできるものが1つ、2つみつからないことから考えると、本当に残念でした。

引き続き考えて、効果がありそうなものを実行することを目指します。

批判もできますが、批判しても何も変わらない。でも、何かやれば、その分は変わりますから。

それに気づくまで時間がかかりすぎました。

NewsPicksで批判を書く時間があったら、考えること、実行することに使えばよかったとの反省を今から活かします。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
本当に困っている人を想い、迅速に決断し、実行する…規模が大きい組織では、中々出来ないです。本当に凄いと思う。子供だけ在宅している子育て家族にとって、一握りのオニギリを買う度に、有り難いと思う人、増えると思います。自分に出来ること、きっとあると思う。考えて実行すれば、応援してくれる人は必ず存在するから…小さくても出来ることを考えたい。
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
6,098 億円

業績