新着Pick
526Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
景気後退の足音というタイトルになってますが、日本経済についてはまだ認定されてないだけで、既に一昨年11月から景気後退に入ってます。
つまり、この景気後退の足音というのは世界経済に該当すると思います。
記事でも指摘しているように、OECDが今年の世界経済成長率見通しを2.4%に下方修正しましたが、リーマンショック翌年の0%成長を除けば、ITバブル崩壊翌年で同時多発テロのあった2001年の2.5%を下回ることになります。
この時は米国も景気後退入りしていましたから、この成長率が実現すれば、世界経済もリセッションということになるでしょう。
中々良い記事だけれど、マイナス影響を受ける業界に偏ってる気がする。zoomのようなリモートワーク推進する企業、スマホゲーム会社などプラスの影響を受ける業界の切り口も欲しかった。
有報をめくりまくって意外だったのは、サプライチェーンの集積は、もちろん、イオン、ローソン、極楽湯などの内需産業もしっかり進出していることもびっくりでした。
影響は以下に分類できると思っている。

①中国での事業停止(ホンダのような事例)
②中国での経済活動がとまることでの消費心理の悪化(武漢進出企業以外も)
③事業停止の影響を受けたグローバルサプライチェーン停止(PCなどで既に顕在化)
④中国との航空輸送が止まることなどによる経済活動停止(インバウンドなど)
⑤グローバル拡大による消費心理の悪化
(⑥グローバル拡大の中で、特に感染拡大する地域が出てくれば、①~④の各地域版が出てくる)

中国については、少しずつ経済活動は動き始めているように見える。一方で、中国外の拡大や、それに伴う各種対策による経済活動の減速は、今まさに増えているタイミング。
そして規模が大きいので、金額インパクトはそこが大きい。コロナ自体より、コロナの玉突き影響による経済活動へのインパクトが甚大。
https://twitter.com/jsblokland/status/1235468701325017088
自粛の要請は比較的決めやすい一方、自粛緩和の時期を決めるのは簡単ではありません(間違いなく賛否両論出る)。政府は3月半ばに判断すると言っていますが、専門家の意見を聞いた上で「政治判断」できるか心配です。

追記:元々は大規模行事の自粛要請だったはずが、今は感染リスクが高くない(屋内の閉鎖的な空間などではない)小規模行事も横並びで中止・延期となっています。ゼロリスクを求めると際限がなくなり、社会的・経済的に失うものが大きすぎます。全国一斉の休校や中韓からの検疫強化ではなく、こういう時こそ「政治判断」が必要です。
今後の経済、上場会社への影響が概観できる良記事。これらの会社の取引先(大半が中小企業)への影響について、調査を進めていきたい
Covid-19の影響を受けた最新の企業業績と株価をリストアップしたレポートです。かなり深刻な状況になっている。3月いっぱいの辛抱で、4月から徐々に回復、というシナリオになれば、と祈るばかりです。
日本国内については、直近の年と同様に天災が年内に発生する可能性があることを考慮すると、新型コロナウイルスによる影響は過大に捉えておくくらいでちょうど良いのではないかと思う。
直接の影響を網羅的にまとめたリポートですね。波及効果まで考えるとリセッションの足音がたしかに聞こえてきそうです
政府と日銀は迅速に対応すべきでしょう
こうしてみると、生産拠点・営業拠点としての中国、インバウンドの落ち込み など、今見えているリスクだけで影響は多大だと思います。今後、企業の業績開示の際にリスクを示すことが求められますが、各社のリスク感度に注目したいと思います。

なんとか、4月期以降回復の兆しが見られればいいのですが。。