新着Pick
1663Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「インフォデミックが一番怖い」というのは共感できます。病院で働いていると「あそこの病院でコロナが出た」というような噂が毎日のようにどこからともなく出てきます。そこで働いている人に聞いても、全くそんなことはないと。医療者の中でもデマが広がりやすい。

最近外来では、「症状はないけどテレビをみてコロナが心配になった」という患者さんが多く来られます。あれだけ報道されていれば不安に思うのも無理はないと思いますが、説明して安心してもらうのにはかなりの時間と労力を要します。

トイレットペーパーの件もそうですが、今のところ人間の不安が生んでいるデメリットの方を大きく感じています。
複数の感染症科医による、バランスの取れた対談だと感じます。このような複数の専門医による意見のまとめも他の報道機関ではあまり見当たらず、価値の高い記事と思います。

私からは、ここで取り上げられている「政府の対応への評価」についてコメントさせていただきます。

医療安全の基本に、「ヒト」ではなく「モノ」や「コト」を批評するという鉄則があります。安全性を確保するためには、ミスが起きたときに、ミスを認め、伝達しやすい環境を作っておく必要があるからです。

批判が出る、議論になるということはとても健全なことですが、ヒトが批判され続ける環境では、ヒトは嘘をついたり隠したりするのが性です。それはかえって、危険な状況に繋がりかねません。「隠蔽」を非難する声もありますが、ヒトばかり批判することは、それに加担することにつながってしまう可能性があるのです。

また、少なくとも日本では、批判された者が「辞任せよ」というような責任を強調した論調につながっていきやすく、結果として目の前の課題は改善されないまま、ということにもなりかねません。いま改善させ続けなければならないのは、目の前で起こっている「コト」です。

「政府の対応が妥当かでいうと、まだ分からない状況の中での決断をしているので、上手くいくかどうかは誰にもわかりません。」

このような状況の中で、いま我々が批判的に見つめ、建設的に議論すべき対象は、個々の専門家や政府といった「ヒト」ではなく、個々の意見や対応、具体策、すなわち「コト」だという視点も大切だと感じます。
現場のドクターたちの貴重な対談。
あくまで私見や個人の印象とはいえ、テレビのコメンテーターたちの発言とは言葉の重みに雲泥の差が。
この内容でなにか方針が変わるとかではなく、
マスコミの煽りから離れて、いったん冷静になるのによい記事。

お忙しい中取材に応じて下さっている先生方に感謝です。
特集第二回は、新型コロナの最前線で治療にあたる、全国の感染症専門医たちの貴重な証言集です。どの病院に何人くらいいるのか、情報公開していないために匿名を条件にインタビューに応じてくださいました。手触り感のある、地に足のついた彼らの景色をお届けします。
複数の専門医からのコメントを載せているので、読んでいて安心感がある。 まだまだわからないことの多い中、専門性と体験をもとに語っていただいた内容は、今不安感にとらわれている人々にとっては、貴重な情報。
不安感はデマの原因は「本当のことが知らされていない」「何か隠しているのでは」という猜疑心から。
良い記事。
記事本文から大量の引用をコメントするのは好きではないのですが、有料記事なので、大切だと思った部分を引用します。今、メディアリテラシーが必要です。変に強く人や組織を非難する、強い言葉で自分の意見を主張する人は、信用しない方がいいです。たとえそれが正しい意見でも、混乱状態でそうした強い言葉を使えば不安を煽ることになるからです。
以下、引用

「インフォデミック」というキーワードがあるように、かなり偏見的な見方が流れていますよね。一般の方々が、ウイルスと関係のないところでパニックになる方が、感染症医としては怖い。」
「むしろ怖いのは、「政府がおかしい」と騒ぎ立てる、権威ある人たちです。本当に危ない。特に「もっと検査しろ」と騒いでいるのが一番怖い。別に我々も、検査はしたくないわけじゃないですし、必要ならした方がいいと思っています。でも、全員を検査することのメリットとデメリットを考えると、しないほうが本当はいい。」
「前提として、検査は万能ではありません。検査はしばしば間違える、ということが我々の共通認識として持っている前提です。」
「検査というのは、(症状が出ていて)疑わしいと思われる人を検査した方が検査の精度が上がるものです。
つまり、ただでさえ感度が高くない可能性があるのに、無症状の人まで検査すると、より検査結果の精度を下げることになりかねない。そうなると、検査をしても、結果からは何も言えないということになります。一般の方は、検査結果が陰性だったら「もう大丈夫」と安心して出歩くでしょう。
でも、実は検査結果の信頼度が低い中では、それは全くの間違いです。そこがなかなか理解してもらいにくい。そしてやっかいなことに、医師の中にも、こういった事情を理解していない人が多い。」

「そもそも、検査の精度という意味を理解している医師も、たぶん半分くらいでしょう。2004年に初期臨床研修制度が義務化されてから、そういう教育が根付くようになったので、年配の先生ほどそういう教育は受けていない。なんでも検査、検査で、「検査で異常がないから大丈夫だよ」と、そういうふうに説明しちゃってる人が多いんですよ。」
「私たちから見ると、この先生、全然自分の専門じゃないのにテレビで語っているよね、みたいなことはザラ。感染症に詳しいとか報道されていますけど。」
ありがとうございます。本当に参考になる。
「個人情報なので詳しくは言えませんが、イレギュラーなケースに入るかもしれません。とりあえずは、大丈夫です。」
という二十代の方についての一言だけでも、どれだけ救われるか。

どこのメディアの記事よりも、分かりやすく信頼できると感じました。こういう情報を広げたい。

それにしても、インフォデミックの主犯はテレビのワイドショー系の番組や、一部の新聞だ。煽って心配させて買い溜めに走らせて、それもおいしいネタにしている、と映る。破壊工作かと感じるほどだ。
もちろん玉石混交なのだが、平時に「大変だー!」と煽って耳目を引く手法は、ウイルスよりも集団としてのパニックだけが恐ろしい今、本当にやめてほしい。
この2ヶ月ほどのテレビの罪悪は、後々検証され吊し上げられるべきだろう。
マジで大事なことは、コロナにかかってもほとんどの人は別に大丈夫、ということです。WHOも、多くの場合微熱と咳からはじまり(鼻水ではない)、大半は大したことことない軽い症状で特別なケアも必要なく治る、と言っていますのでazs.
https://twitter.com/WHO/status/1233415409296117760
騒ぎが騒ぎを呼び、そこに同調しないと非常識と捉えられるインフォデミック。楽観はしてならないが冷静でかつ迅速でいたい。
以下、メモ。

"今回は肺炎のウイルスなので、呼吸器内科の先生が対応しているのがリアルな状況"
→その同じ先生が病棟では抗癌剤を投与されて白血球数が下がった患者さんを対応しているのもリアルな状況。

"現場を含め、いかに脆弱であるか"
→マスクも足りないし。

"検査の精度という意味を理解している医師も、たぶん半分くらいでしょう"
→そのような"機密"をしゃべってしまって…

"熊本は(状況が)分かっていない…"
←かなり分かってきているかと。熊本市や県の頑張りを評価したい…と個人的には。
https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/587673/
この連載について
世界的流行の様相を呈してきた新型コロナウイルス。その怖さの理由の大半は「よくわからないから」だ。実際に対応にあたる感染症専門医たちを中心に取材を重ね、公開情報も丁寧にひもときながら、NewsPicksが解説する。