新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大迫選手、すごかったです!
最初から速いペースで進む中、常に自分のペースを守り、20km以降一度集団から遅れても、冷静に戦略立てて追い上げ、30km以降のあの力強い走り。
途中、大迫選手ダメかなぁなんて思ってしまってごめんなさい。
本当に凄かったです!!おめでとうございます!
彼は早稲田大学からオレゴンに渡った時点で、既に世界を見据えていたのでしょう。実際にナイキ・オレゴン・プロジェクトに携わっていた弊社のCOO曰く、プロジェクトチームも伸びしろと、スター性を感じていたといいます。たしかにルックスもさることながら、NIKEの着こなしも他の日本人選手とは違いナイスですね!
世界との壁は厚いという意味のことを書いてる方もいるが、大迫選手の問題意識はまさにそこで、日本のレベルを世界トップ水準に引き上げることを使命として走っているところが、志が高いと感じていた。
今回も記録保持者なのだから、「待ち」の選択もあったのに、あえて挑んだのは、そういう志があったからだろう。
応援しています。
大迫も凄いですが、今回最大のMVPは代表選考にタイム設定を導入した陸連だと思います。これによって、勝負強さ>タイム、だった代表選考の力学が変わって駆け引きよりも日本中がタイムに振り切れたと思います
大迫さん、本当に立派だと思います!

更新するのは難しい自身の日本記録更新が残りひと枠のイスの条件となっているので、大迫さんにしてみれば座して待っているという判断もできたし合理的でもあったわけです。

それが敢えて出場して、かつ、日本新記録。何という強靭な選手。彼と同じ中学校出身のオジサンとして誇らしいにもほどがある気持ちでいっぱいです。

それもコロナにより一般選手のレース中止でどんよりしていた中での再び1億円ゲット!何という景気の良い話でしょう。素晴らしい!!

今回の五輪選考レースのプロセス。一発勝負のMGCで上位2名。それに東京とびわ湖毎日で1名の計3名。

かつてのフェアなんだかアンフェアなんだかわからなくて不透明感たっぷりの選考から打って変わって単純明快で良いですね。見ている方も緊張感たっぷりでグッと来ました。

あ。まだ大迫さんの五輪切符は決まっていませんね。
何というシナリオと、その忠実な実行。東京マラソンで自らの日本新記録を更新し、圧倒的な走りで東京オリンピック2020出場権を摑む。大迫傑選手の2時間5分29秒は、日本屈指のマラソンランナーの魂の咆哮です。
素晴らしい走りだった。自分のペースをしっかりと把握した走り。世界で戦う準備を着々としている印象がありました。オリンピックは記録でなく勝負にこだわった走りを期待したい。
今日のレースでスペシャルドリンクの戦略と、何度か取れなかった(取らなかった?)ことが走りにどれくらい影響が出たのか知りたい。
こういう明るい話題に接する
と、ほっとします。
素直に感動した。

あの男泣きに努力の積み重ねを感じた。
不安だったし、負けたくない気持ちが滲み出てた。

混沌とした時勢での、明るいニュース。
大学卒業から海外でチャレンジ。背負ってるものというか戦ってるものが違う。走ってる姿が圧巻でしたね、、おめでとうございます!!久しぶりにマラソン観て、震えました。
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
16.5 兆円

業績