新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SDGsの観点から「レジ袋の有料化ってやっぱり良いことですよね⁈」と聞かれることが多いですが、はい、悪いことではないです。例えば、海洋分解性の高機能プラスチック包装材などが開発され、新たなビジネスチャンスが生まれることもSDGsの観点からはマルです。
ただ、海洋プラスチックゴミにおけるレジ袋やポリ袋は個数でも重量比でも数値は低いんですよね。だからレジ袋やポリ袋の利用がそのままで良いとか増やしても良いんじゃないか、と言うつもりはありません。海洋プラスチックゴミを減らす観点から考えると、レジ袋…よりもペットボトルが紙素材や瓶、もしくはそれ以外の素材に変わっていくことの方が効果は大きいように思います。
レジ袋有料化の例外として、フィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの、海洋分解性プラスチック100%のもの、バイオマス素材の配合率が25%以上のものがあります。しかし、かなりの小売店で「バイオマス素材にするが、有料化は実施」としたり、「紙袋とするが、これも有料で配布」としているため、エコバッグを利用する消費者は多くなるでしょう。

ここではペットボトルの代替として、アルミ缶や紙製飲料容器の再評価の事例が挙げられています。

筒形紙製飲料容器(カート缶)はプラスチックフィルムでコーティングされているため、プラスチック部分はリサイクル施設で分離される必要がありますが、そうすると紙部分はリサイクルすることができます。
牛乳パックなどと同じ、紙パックの回収リサイクルルートにのればよいのですが、飲料用紙パックのリサイクル率は使用済みのもので34.9%(2017年)と、缶やペットボトルよりもかなり低く、回収率は横這いが続いています。ペットボトルの代替として普及させるのであれば、早めに対処する必要があります。

また、このほか脱プラスチックに向けてリユースびんも、特に回収がしやすいイベントなどで利用が視野に入れられており、注目されています。
お米やうどんからもプラスチックは製造できます。
バイオマスレジン、捨てられて焼却されてしまう廃米などから製造しています。
http://www.biomass-resin.com/biomass-resin/
http://www.biomass-resin.com/

有料化して抑制するのではなく、素材から変えていかなければ、根本的な解決にはならないと思いますし、消費者の意識も変わらないままだと思います。
企業行動・製品が変わると、消費者の意識も急速に変わってくると思います。
日本において「脱プラスチック社会」を浸透させていき、当たり前のことにしていくには、企業が日用品・汎用品の素材を変えていく努力をするしかないと思います。
ガイアの夜明けでもやってたけど、レジ袋最大手の福助工業が海水でも生分解される袋を売り出すようですよ。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54767880T20C20A1962M00
環境省が導入した背景として、
・プラスチックごみによる主に海への汚染対策
・石油消費量の削減
あたりがあります。

国内でみて年間300億枚のレジ袋が消費されているという調査もあります。

企業が先んじてこういう施策をするのは良いことだと思いますし、エコバック保有率が高まることで無駄な資源ゴミをへらすことが可能です。

また、自宅からでるゴミのほとんどが、スーパー・コンビニで購入するなどした食品、梱包・容器まわりのゴミであることに気づきます。

一般生活者向けに施策を打つなら、缶・ビンで飲料を提供するんではなくタンブラーや水筒等で飲み物本体のみを提供する自動販売機をつくったり、お惣菜用の無駄なフードパックを減らしてタッパー持参したり、もっとエコな施策はたくさんできると思います。

各論のレジ袋とかではなく、総論で日本としての環境に対するあり方をこれを機に訴求できるといいですよね!
まずは再利用可能な紙でしょうね。

でも、もしかすると、再利用のための再生プロセスが不要となる「毎回使うエコバッグしか売らない」というものが一番よいかもしれません。

もし「紙バッグも売らない、売るのは再利用可能なエコバッグのみ」となったら、今度は、本当に、それを利用する人が多くなるのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
レジ袋を使わない、減らす、素材を変える。レジ袋が海洋プラスチックゴミになってることが問題ならば、アプローチも色々ありそう。良くないはその通りで、何に良くない状態が最もなのかを定量的に見ていきたい
日本の素材産業は、この流れをチャンスと捉えて市場取りにいきたいですね。