新着Pick
1031Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このデータを見てわかるように、子供の感染は少なく、重症化しにくいのが特徴です。理由ははっきりとわかっていませんが、小児や乳幼児に感染しやすいウイルス(ロタウイルス、RSウイルスなど)もあればそうでないものもあるため、ウイルスの特性なのだとは思います。ちなみにSARSも小児の感染は少ない傾向でした。

インフルエンザは学校で子供たちの中で流行してそれが家庭に広がり、職場でも流行する、ということはよくありますが、新型コロナではそのような報告はまだありません。そもそもこのウイルスは子供に感染しにくいため、子供が集まる場所よりも大人が集まる場所を制限するのが正しい判断です。その点でいうと、今回の一斉休校は全く合理的とは言えず、エビデンスを無視して政治家主導で行った判断の悪い例だと感じました。

また、地域によって死亡率が異なるのも重要な点です。武漢のように病院に患者が殺到しキャパオーバーになれば、救えるはずの命も救えなくなってしまいます。流行地の医療体制をどう維持するかが、死亡者数を抑えるために重要になってきます。
現在進行形で世界中が新たな感染症と向き合っているので、
随時でてくるデータをもとに、根拠に基づいて、適宜今の方針が正しいか検討してほしい。

全国一斉休校は、子どもの安全のためというよりも、
集団感染のリスクとなりうるクラスターを減らすことで感染拡大を防ぎ、
感染したら重症化しやすい高齢者を守るため。

そのために子ども、保護者、学校関係者に強いている負担があまりに大きすぎる。

同じくらい強く、高齢者にも、不要不急の外出を控えるよう要請しているならまだしも。
40ページにわたる報告書ですので、当然ですが一つの記事でその内容を扱いきることはできていません。ここでは、記事で触れられていない重要な内容を補足させていただきたいと思います。

・中国内の感染流行は1月23日から27日あたりを境に減少に転じており、持続的に減少傾向である。
・発生源となった動物はコウモリのようだ。それを媒介した動物については、いまだ検索中。
・感染経路は、飛沫感染と接触感染。空気感染は報告されていない。エアロゾル感染は医療機関の特定の処置で起こりうるが、主要な感染経路ではない。
・糞便からのウィルス検出も報告されているが、主要な感染経路ではないようだ。
・感染クラスターの8割程度が家族内感染である。家庭内の二次感染リスクは3-10%程度と推定されている。
・武漢では1800以上の疫学者のチームが濃厚接触者の追跡調査を行った。濃厚接触者のうち、実際に感染確定したのは1-5%の範囲であった。
・広東省で行われた32000件のコロナウィルスPCRのうち、陽性率は0.14%であった。
・インフルエンザとは異なり、妊婦さんは重症化の高リスクとはならないようだ。

WHOレポート: https://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/who-china-joint-mission-on-covid-19-final-report.pdf

疑い例を含めた70000人を超えるデータはJAMAで公開中:https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2762130
決して未知の病気を軽視していいわけではないが、コロナ自体より、不安による行動変化のほうが実質的な影響は遥かに大きいと感じている。そして、報告書の内容を見ても、その見方をさらに強めている。
ただ、未知で伝染するもので、命にかかわるから不安が増えるのは人間の生存本能としても当然。一方で、不安を正しく判断するためにも、定量情報や歴史からの推測は重要だし、もっと報道してほしい。この不安一色の空気の中で、過度の心配は、というのはリスクがあるのは分かるが、だからこそ客観的に情報を利活用することが重要だと思っている。

以下、数値を基にしてコメント・Pickしてきたもの。

2月2日:春節明けの工場停止のPick(直接影響よりシステミックリスクの方が影響が大きくなりそう)
https://newspicks.com/news/4595526

2月6日:感染者数は10万人ほど?
https://newspicks.com/news/4608616

2月11日:中国での新規感染者の増加はピークアウト、時間差で致死率増加しており2.4%まで増加
https://newspicks.com/news/4622731

2月21日:中国の2月前半の自動車販売がYoY-92%、経済活動が止まっている
https://newspicks.com/news/4655049

2月24日:コロナの感染者数・死者数は、特に中国が大部分を占めS字カーブの後半に来たように見えるが、経済活動へのインパクトが数値で出てきていて、それを財政・金融出動で防げるかがキー
https://newspicks.com/news/4660361

2月29日:FRBも利下げの可能性
https://newspicks.com/news/4677092

3月1日:アメリカが韓国やイタリアへの渡航中止勧告
https://newspicks.com/news/4680217
「感染者のおよそ80%は症状が比較的軽く、肺炎の症状がみられない場合もあった」、「致死率は高齢になるほど高く、80歳を超えた感染者の致死率は21.9%」という情報を信じるなら、素人目にもこれを抑え込むことは難しく、重傷者のケアに集中しつつ治療法の開発を急ぐほかないように映りますがどんなものでしょう・・・ (◎_◎;)ウーン 
第一に、感染者の多くが短期間で重症になって致死率が高いウィルスであれば、街を出歩く人が必然的に少なくなって広がり難い。しかし、今回の場合、感染者の多くが風邪かなという程度の認識で、知らぬ間に人に移します。第二に、高齢者の多くが普通の肺炎で病院にかつぎ込まれて日常的に亡くなっているなか、コロナウィルスによる肺炎を来院直後から疑って隔離するのはなかなかに難しそう。
すべての活動を止めてでも抑え込むべしという風潮が強い中、極めて言い難いことではありますが、このウィルスの広がりはもはや止められない、この肺炎による重症者を普通の肺炎患者と適切に識別して体内に免疫が出来るまで徹底的にケアする体制を整える、そして一刻も早く治療法を確立する、といったこと集中する方が、広範に人々の活動を阻害するより結局のところ被害が少なくて済むんじゃないのかな (・・?
時が来て騒ぎが収まれば、このウィルス、インフルエンザのウィルスと同じく身の回りにあって普通に対処すべきものと変わりなくなっているような気がしないでもありません。医学に素養のない市井の一人の感想です。とはいえ私も、貰わぬよう移さぬよう、十分気はつけています (^^;
こうしたエビデンスが出てきているのだから、今からでも休校要請撤回できないのだろうか??
ただでさえ高齢者や経済的打撃を受けている人たちのために貴重な財源を投入すべき時に、学童の終日化やベビーシッター補助やワーママの休業補償など、休校さえしなければ本来必要なかった財政出動するのは本末転倒過ぎる。
勇気ある前言撤回を咎める人がいたとしても、それはノイズとして良いのでは。まだ遅くはない。

——
逆に子どもの感染例は少なく、症状も比較的軽いということで、19歳未満の感染者は全体の2.4%にとどまっていて、重症化する人はごくわずかだとしています。

子どもの感染について報告書では多くが家庭内での濃厚接触者を調べる過程で見つかったとしたうえで、調査チームが聞き取りを行った範囲では、子どもから大人に感染したと話す人はいなかったと指摘しています。

↓↓↓↓

\\\子どもから大人に感染したと話す人はいなかった!!!///
素人目には以下の分析結果と「一斉休校」の話がどうしても釣り合わないように見えるのですが、専門家の方の見解をお窺いしたい論点です。

---

逆に子どもの感染例は少なく、症状も比較的軽いということで、19歳以下の感染者は全体の2.4%にとどまっていて、重症化する人はごくわずかだとしています。

子どもの感染について報告書では主に家庭内で大人から感染していて、子どもから大人への感染例は調査をした中では確認されていな
意味のない小中高の閉鎖の一方で、大人が集まるパチンコ屋は大繁盛という矛盾
「ことし1月1日から10日までに発病した患者の致死率は17.3%となっているのに対し、2月1日以降に発病した患者の致死率は0.7%」

これには注目したい。
一歩一歩前進していることが感じられ、勇気づけられる数字だと受け止めています。
中国での感染状況だが、日本での一斉休校を支持しにくい統計データ。

重篤化しやすいのは、子供ではなく、持病のある高齢者。
休校ではなく、老人と介護人の検査と感染者の個別管理。