新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在の中国にとって日中関係は重要です。中国が孤立しないためです。
米中関係は冷戦構造の様相を呈し始めています。米中双方は、経済的に市場をブロック化しようとし、外交的には太平洋島嶼国等の開発途上国に影響力を行使し合い、軍備増強競争を行い、さらにポンペオ国務長官のスピーチに代表されるように米国は、中国共産党と価値観およびイデオロギーを共有することはできないと主張し始めました。
米国と深刻な政治戦を戦う中国は、米国との二国間対立など存在しないと主張し、米中新冷戦を否定します。中国は、2019年版国防白書でも明確にしているとおり、米中二国間対立を避け、米国対国際社会の構図にしたいと考えていますが、実際には中国自身が孤立する可能性もあります。
中国は、1989年の天安門事件以降に国際社会から孤立したことをトラウマとして抱えています。中国の、孤立するという恐怖感は相当なものです。昨年後半には、数度、複数の中国高官が「米国が中国を孤立させようとすれば、孤立するのは米国の方だ」と虚勢を張っていましたが、それは恐怖心の裏返しであるとも言えます。
その中でも日米同盟は強固で、日本に米国との距離をとらせることは、中国にとって非常に重要なことです。中国は、日本や欧州各国が米国とは異なる国益と考えを持っていることを理解しています。日本は、コロナウイルス対処においても、中国からの入国を規制せず、中国に対して支援物資を送るなど、中国に対して親切な態度を示しています。
中国も、日本との関係を悪化させないように、日本に対して批判的あるいは攻撃的な態度をとらないようにしているように見受けられます。
そのような中国にとって、習近平主席の国賓訪日は、極めて重要なイベントです。中国国内と国際社会に向かって、日中の良好な関係を示すことになるからです。訪日延期は、新型肺炎への対応に集中しなければならない状況を考えれば当然とも言えますが、中国国内の政治状況が不安定であることも示唆しています。
一方で、中国が日本を必要とする状況は、日本の中国に対するレバレッジになり得ます。弱みに付け込むというのは日本らしくありませんが、中国に対して要求することが存在することも事実です。日本も、世界を2大ブロック化する冷戦構造を歓迎しませんから、中国とは、敵対しないで、受け入れられない行動を改めるよう求めることが可能かもしれません。
当然だろう。新型肺炎や今後の経済のための日中首脳会談なら、百歩譲ってまだ理解できるが、このタイミングで天皇陛下の客人として国賓でご招待する理由はない。世界は緊急事態にあるのであり、外交上の非礼とかメンツなど言ってる場合ではない。
また、ここからはやや妄想も入るが、巷で言われているように、仮にこの新型コロナウイルスの感染源が野生動物ではなく、中国の研究施設からの漏洩事故であったとしたら、中国は世界から非難される。このタイミングでの国賓招待も大きな問題となる。仮の話に過ぎないが、一方で感染源がまだ特定されていないことも事実だ。
そういう意味でも、この延期のニュースは、良いニュースである。
WHOが「感染予防のためのマスクは必要ない」という発表をしているのに、習近平主席がマスク姿なのが面白いです(^_^;)

習近平主席には咳や発熱の症状があるのでしょうか?
中国、日本共に、漸く現実を見つめる気になったのか…と思った一日でした。
今の日本に、4月に国賓を迎える余裕などあるわけがないです。
ましてや、今回のコロナウイルスの発生した国です。
完全に収まるまで、多くの人は、習近平主席をwelcomeとはしないでしょう。

唐突な全国学校休校要請と、今日の安倍さんの記者会見の後の習近平主席の来日延期か?のニュース。

安倍さんが、習近平主席を国賓として招くことを諦めたから、思い切った舵取りをし始めた…という顛末でないことを願っています。
昨日午後の安倍首相会見では延期の話は出ていなかったので
その後に決まったのでしょうか。
これだけ各国感染拡大策をとりながら外交は敢行となると説明がつかない。
順当な判断だと思う。
ひとまず順当なところに落ち着いてホッとしました。
忖度せずに言えば、新型コロナの問題に加え一朝一夕にチベットウイグル問題が解決するとも思えないので、実質的な中止としての無期延期が本来は妥当だとも思いますが。

日中関係を単に経済の話に落とし込む前に、日本という国のアイデンティティを外的に規定し続けてきた中国、と言う長い歴史背景を政治家はまず考えるべきです。大陸の世界帝国に、敵わないまでも負けもしない島国と言う自意識はこの国にかなり深く根付いているはず。

こう言う自意識もいつかは変わってゆくのかもしれませんが、両国の政治家がゴリ押しをして一朝一夕で変わるものでは無い。

ある意味「人はパンのみにて生きるにあらず」です。それを政治が忘れていたことが一連のコロナ騒動にも反映されていると思います。もちろんパンがなければ死にますが。
やはりというより当然。いまの状況下では。
  
お互いに内政が大切。
当たり前だわ。
習近平を迎える対応などにゴタゴタしてる余裕があったら、まず、国内の対応をしっかりやってくだされ。安倍さんの言葉を借りれば「瀬戸際」なんやろ???
瀬戸際の状況で、習近平来日の為の準備に勤しんでいたら、完全に全国民からヒンシュクを買うで。
職場が永田町ですが「習近平を連れてくるなー!」という街宣車がうるさかったです。
これで静かになりそう。
ふう