新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
18年間で死者2300人以上、負傷者2万人以上の損害を出し間接的なものも含め総戦費は100兆円にも上るとされるアフガン戦争は、アメリカ史上最長の戦争になっただけでなく、全く何の利益もアメリカにはもたらしませんでした。

元々アメリカにとって、ソ連のアフガン侵攻に対し反政府軍に武器を供与し、ソ連をアフガン内戦の泥沼に追い込んだ時点でアフガンの役割は終わっていたのですが、911の後、テロとの戦いの大義名分のもと欲を出してイスラム原理主義に対する防波堤にしようと軍事介入した時点で、その戦略が狂いました。(因みにソ連のアフガン侵攻の理由も全く同じで、イスラム原理主義の浸透を食い止める為でした)

しかも2015年以降戦局は悪化し、全土の70%を抑えていた政府軍の支配領域は、この4年余りのタリバンの攻勢で50%余に減少。
34州のうち6州はすでにタリバンの手に落ちました。

元々アフガニスタンからの撤退を主張していたトランプ大統領は、まず8000のアメリカ軍を増派して戦線を安定させた後、タリバンと交渉に入りました。
今回このタイミングで合意が成立したのは、現在は事実上の冬季休戦状態にある為で、春になって恒例のタリバンの春季攻勢が始まると、互いの報復合戦となり、アメリカ軍の足抜けできなくなるからです(実際昨年はそれで合意がまとまらなかった)

今回の合意により14カ月以内にアフガニスタンから全軍が撤退することになり、トランプ大統領にとっては就任以来の公約を実現した外交的成功となります。

ただしアメリカに見捨てられた形になるアフガニスタンのガニー政権は、おそらく長くは持たないでしょう。
これも又国際政治というものです。
そもそも2001年9月11日の事件をきっかけに、米軍がアフガニスタンに攻め込んだことから始まりました。当時アフガニスタンのほとんどを支配していたターリバーンが、事件の主犯とされるアル=カーイダを引き渡さないから、というのが侵攻の理由でした。しかし、19年間の戦争で米軍やNATO軍の死者は3500人以上、アフガニスタン人の死者は20万人近いです。アル=カーイダなど関係ない人々があまりにも多く巻き込まれました。
 合意は、米国とターリバーンだけではなく、NATOとアフガニスタン政府も参加しています。
・米軍とNATO諸国軍は、ターリバーンが合意を遵守する限り、14か月以内に全兵力を撤退させる
・米軍は135日以内に8,600人の兵力を撤退させる
・米国はアフガニスタン政府とパキスタン政府と強調して、両国の安全が保たれるように努める
といった内容です。
 米軍は、負担に耐えられず撤退した、と少なくともターリバーンは見ているし、そのようにアフガニスタンでも広く喧伝されています。ターリバーンは勝利声明を出しており、実際、アフガニスタンでターリバーンは軍事的に圧倒的に優位に立つでしょう。ベトナム戦争でいえば、米軍が南ベトナムから撤退を始めた時期に相当します。
2001年の911事件直後に始まった米のアフガニスタンでの戦争が、終わろうとしています。私としては職業人生のほぼ全てをこれとともに過ごしたので感慨深いですね。
大きなニュース。911の後に始まった「テロとの戦い」の大きな節目です。
トランプ大統領は7301億ドルの軍事予算を維持しつつ、外国の戦争には基本的には介入しない方針を貫いています。
というのも、アメリカには中東から帰ってきた兵士がたくさんいます。「アメリカンスナイパー」を見た方も多いと思いますが、アメリカには「戦争=トラウマ」という人が我々の想像より遥かに多くいて、もう戦争なんてまっぴらという状況を目の当たりにしています。
トランプ大統領は米軍兵やベテランから極めて高い人気があるとされていますが、それは彼らが「好戦的で攻撃的なトランプ」に期待しているからではなく「トランプは外国の戦争に首を突っ込まない」と知っているからです。

これを期に是非みなさんに「ランボー3/怒りのアフガン」という映画を観てほしいです。
何というかトランプさんは本当にすごいな。
米国からしたらこんな無駄な戦いはなかったので、この合意は国内的には本当に評価されるだろう。

9.11はテレビでLiveで見ていたが、あの仮想現実感は忘れられない。
Yahoo!BBを引いた直後だったような気もするけど、そのADSLサービスの終焉を含めて、19年間で様々な変化が起きる中、アフガン紛争は続いていたのだ。

アフガニスタンの今後はどうなるかは不透明だし、危険な軍事国家がまた一つ誕生するということかもしれない。
個人的にはどういう統治形態にするかは、その地域に住む人たちが決めるべきことだと思うので、その意思決定が変な方向に行かないことを祈ります。
9.11は、もう随分昔のことになりました。
タリバンの存在感も、正直言って影が薄くなっています。
でも、19年も続いて来たんですね。
アメリカは、何を得たのでしょうか?
America is the firstのスタンスかなとも感じます。

亡くなられた中村医師は、天国で喜んでいらっしゃるのでしょうか?私は、誰よりも故中村医師が喜べる和平合意内容なのか知りたいです。
リベラルメディアとリベラルの人は「選挙の点数稼ぎ」と冷ややかな対応をしていますが、「良いものは良い」のです。歓迎すべきニュースでもケチをつける政治的分断、、、、それを目の当たりにするたびに、「アメリカ人、大人になろうよ」と毎度つぶやいてしまう私です。
「撤退」はトランプ氏の公約で、支持者は喜ぶかと思いますが、アフガンは当面は困難が予想されるところ。
米国とタリバンが和平合意に署名。米、アフガンから「14か月以内」に全部隊の撤収が盛り込まれた。「米史上最長の戦争」の終結に向けた大きな転換点となる。
トランプさん、世界がコロナに注目している時に公約をきちんとすすめているという。。。アメリカ国内的にも無駄な戦いを整理できたと前向きな評価ではないかなと。
とはいえ、中東含め、欧米が仕掛けた戦がその国や地域に何世代にもわたる世界的な禍根を残していることへの責任は取って欲しいものですね。特に中東のイギリスとか。もはやなんで中東ってあんなにモメてるのかわからないくらい昔の帝国主義の責任ですよね。