新着Pick

0.3mmの血管を縫合できる超微小外科ロボ「MUSA」が最初の臨床試験を通過

ギズモード・ジャパン
たった0.3mmの血管をつなぐことができる外科手術用ロボット「MUSA」の臨床試験が行なわれ、大きな話題となりました。Natureに掲載された、オランダのマーストリヒト大学医療センターのTomvanMulken氏らの論文によると、MUSAはスーパーマイクロサージャリー(超微小手術)を用いた再建術用のロボット・システムで、0.3mmから0.8mmの太さの血管を吻合を可能なのだとか。その吻合自体は人間
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外科医の現役寿命がロボット手術で長くなったみたいです。
自動車に例えれば「自動運転」ではなく「高度運転支援」なので、スキルの高い医師とのペアは最強になりますね。

また、普通のスキルの医師とのペアでも、スキルの向上が実現できるでしょう。

こういった技術で、一人でも多くの方のQoL(人生の質の向上)が実現できることを願います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
近未来感好き。