新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日本ほど、専門家でもなんでもない人物が専門家としてメディアに露出している国はありません。テレビのコメンテーターという商売も、日本にしか存在しません。」というコメントはズシンと響きます。

情報の質をスクリーニングできる目(ココロ)をもつことが大切ですね。
『自分の「内集団バイアス」を常に疑ってかかる必要があります。』という記載が印象的です。

居心地が良い集団にいると、自分にとって心地よい情報、都合が良い情報ばかり集めてしまう、都合が良いように解釈してしまうようで怖くなります。

しかし、慣れない集団に入ってみると情報の価値や真偽が分からなかったり。

普段から色々な属性の人と接すること、情報を俯瞰して眺めることが重要なのでしょうね。そのために、多言語で情報に触れるというのは具体的で参考になりました。
情報収集や分析の仕方、情報源は何か、という質問は、私もセミナーや講演で受けることが多く、最近は定番のスライドとして用意しています。1つ、いつも言うことは、外国の状況を調べるには英語で検索してみましょう、ということです。ムーギーさんのお話しは頷きつつ、参考になる部分が多々ありました。

例えば、マレーシアについて調べるときに、英語と日本語で検索してみれば、その結果をみると一目瞭然。情報の量もさることなあがら質も違います。最近はマレーシア政局が動いているので政治情勢の記事がヒットしますが、日本語で検索すると普段はマレーシアと言えば移住や投資の話しばかりで、マレーシアの政治経済や社会問題に関する記事や論文はあまりヒットしません。日本語でも良質な情報を発信している方がいますが、検索上位対策などをしていないかったりするのでなかなか見つかりません。

ということが、他の国の情報にも言えます。企業について調べるにしても、例えば、インドネシアの「サリム財閥」と「Salim Group」で調べるのでは歴然の差です。グラブやゴジェックにしても同じだと思います。中国や韓国のように、現地語が非常に強い国であっても、英語で検索をしてみるべきで、往々にして英語の方が良質ともによい場合が多いです。

もちろん、一部に日本語で大変良質な情報を発信している方がいて、それは個人名で知っておき、ブログやメディアの連載、SNSをフォローしておけば済みます。

まず、大きな網にかけるような検索は英語ベースでやらないと、入り口の部分から間違えることになりかねません。日本語であたりを付けてから、というやり方が有効なこともありますが、だいたいは、その日本語の情報のなかで終わってしまうことが殆どです。
3日間、ありがとうございました。
藤田さん、皆様、暖かい御声援ありがとうございました。
ムーギーさん、「第一回のゲストは中高とプライベートエクイティ業界の大先輩のインテグラル代表取締役の佐山さんです。そのインタビュー動画が、早ければ明日にでもNewsPicksのYouTube動画で公開されます。「コミュ力の基本」の実践編のサンプルとして、ご覧いただければ幸いです。」とのこと。楽しみにしています。#ムーギー
ご本人をよく知る僕だからこそ、この記事は勉強になります。実際いつもキムさんにかかると気持ちよくなって何でも話してしまいます。相手に対する気配りは、普通じゃありません。そのノウハウが読めるねんて幸せです。
そういう意味でやはりNPの貴重さを感じます。

コメントから他の方の視点を知れたり、Qurtzの記事にもリーチできる。今後は、中国メディアの記事にもリーチできるようにしてもらえるとありがたいですね。

そして、ホント、話の展開が巧み。ここまで貴重な示唆をもらったうえでオンラインサロンの話が出てくると興味が湧いてきます…

そして、そう思う自分こそ、まさに、バイアスかかってる、んだ、とわかります。
ワイドショーなど、内集団性バイアスを刺激するだけの存在であふれてる。ここに尽きます。

「日本ほど、専門家でもなんでもない人物が専門家としてメディアに露出している国はありません。テレビのコメンテーターという商売も、日本にしか存在しません。」
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。
株式会社PHP研究所(ピーエイチピーけんきゅうしょ、英語: PHP Institute)は、パナソニックの創業者である松下幸之助によって創設され、出版事業を主体に行っている出版社。2010年10月1日、政策シンクタンクを標榜する株式会社PHP総合研究所を吸収合併した。登記上の本店は京都本部で、住所は京都市南区西九条北ノ内町11()。 ウィキペディア