新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内メーカーのサプライチェーンへの影響が顕在化してきている。ある上場子会社さんでは「部材は確保できているのだが、中国から運び出すことができなくて困っている」と話していた。中国からの物流面の停滞が、今後しばらくは影響を及ぼしそう
PCの納入が遅くなったり、電子機器関連で既にサプライチェーンへの影響が出てる。
電子機器・電子部品は時間とともにどんどん値下がりするから、サプライチェーンをリーンにすることが重要。一方で、リーンにするとどこかが目詰まりを起こすとそこに手持ち在庫で対応できる時間は極めて短く、サプライチェーン全体への影響が一気に出る。
生産が止まると、正常に作れるところも作っている間に完成品の値段が下がるリスクもあるし、売れない場合はコストはかかる一方で収入は入ってこない。だから在庫調整・生産調整の連鎖となるリスクがある。
サプライチェーン全体がそうならない間に復旧の見通しを出したり、あとはキヤノンのような完成品大企業がラインは止めても調達は維持をできるか(でもそのためには復旧見通しが重要)。
ただ供給側だけでなく、需要側でも不安の連鎖や経済が止まることによる景況感悪化で消費が落ち込む可能性もある。そうするとそもそもの需要量が減るから、それに対応した在庫・価格調整も発生しうる。そうならないことをひたすら願う…
「操業を一時的に停止するのは、大分県と宮崎県、それに長崎県にあるデジタルカメラなどを生産する合わせて5つの工場で、期間は来月2日から13日まで」とのこと。
国内での生産にも影響が広がっています。
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
2.92 兆円

業績