新着Pick
2739Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアルタイムな特集で素晴らしい。
かなり細部な独自ノウハウが凝縮されています。

より抽象化すると、
1.メリハリのある切り替えスイッチを持つ
2.自分にあった気分転換策を生活に組み込む
3.集中力を保つ環境や知識を駆使する
かなと思います。

固定費として高いシェアを持つオフィスコストやスペースが見直される可能性は高い。
withコロナにおける在宅前提社会に備えて、早くワークライフスタイルを確立した人に、成果が集まりそうですね。
楽しく拝読。
自分が実践していることと共通するのは、既存の集中力研究(というか注意配分に関する研究)に合っているものだからでしょう。

椅子、特に骨盤と脊髄の安定。これは身体疲労の予防。(椅子によってはインナーマッスル維持増進)

タスクに合わせた視線の使い方。これはアテンションコントロール。

1日の自律神経の意識。これは心身ストレスコーピング。

終礼での感情の言語化。これはストレスコーピングの中でも脳の整理整頓とリラックス。

自分が加えるとすれば、呼吸とセルフトークの種類を変えることも心身の健康維持に大事です。

ま。
30代でアメリカの大学院に留学していたり、起業していたりしていた時、二人の子供の育児しながらやっていたストレスマネジメントとは全く違いますが。笑
取材して頂きました!

私が行っているThink Labは、これらのtipsを簡単に手に入れる方法として、在宅勤務向けプロダクトを急ぎ開発中なので、乞うご期待!
準備不足のまま突入した「在宅勤務」。もともと仕事をする場所ではなかった家の中で毎日仕事をすれば、様々な問題が生じます。「家では集中できない」「腰が痛い」「運動不足になる」「生活リズムが乱れがち」といった悩みを抱える人が激増しています。

そこで本特集では、「ストレスフリーの在宅勤務」を実現する環境整備の方法と時間の過ごし方、立ちはだかる問題点を紹介していきます。

第1回では、「世界で一番集中できる場所」を目指す会員制ソロワークスペース「Think Lab」の事業を統括する井上一鷹氏にアドバイスしていただきました。井上氏は現在、1LDKの自宅マンションでテレワーク中。「集中と場所の専門家」はどのように過ごしているのか。家で仕事に集中し、心身ともに健康的に暮らす独自のノウハウを大公開します。

皆さまが実践する「ストレスフリーの在宅勤務」もぜひ教えてください! 参考にさせていただきます。
在宅勤務をやってみて、皆さん色々と試行錯誤されてると思います。メリハリが大切だと思います。
☑️仕事モードの服を着る
☑️90分、二度寝する
☑️「仕事をする場所」を分ける
☑️同じタスクは90分以内(25分仕事・5分休憩の3セット)
☑️OFFの瞬間は緩やかにやらない(メリハリ)
☑️ぶら下がり健康器などで筋トレ
仕事の話ばかりだとなんだか殺伐としてしまうので、アイスブレイクを兼ねて、社内の定例ミーティングの前には各自が仕事以外の小話をするということをコロナ前から続けてきました。
目下の悩みは、在宅勤務が続くことによる慢性的なネタ不足。朝から晩まで仕事してしまうがために、「先週末も家で仕事してました」という報告ばかりになり、かえってしょんぼりしてしまいます。全然アイスブレイクになってへん。

そんな中、最近のささやかな楽しみは、持ち帰りやデリバリーできる飲食店が増えて夕食のバラエティが広がったことや、仲間内のクローズドなオンライン勉強会が増えたことくらいでしょうか。
小話も楽じゃないですね。
独特で面白いですね。

やることとやらないことを明確に決める、集中モードに入る時のスイッチの入れ方を決める、ONとOFFの区切りを分かりやすくする、休息の取り方を工夫する、などヒントがたくさんありました!
沢山のアイディアをご紹介頂いていて参考にはなるのですが、実践はなかなか難しいと感じてしまいました。こんな恵まれた環境で在宅勤務出来るのが羨ましいです。

夫婦の在宅勤務と子供の休校処置が重なると、仕事と並行して無限に発生する家事育児を並行処理する必要があるので、仕事に集中するのは凄く難しい。集中するべき仕事とそうでない仕事への意識を切り替える頻度にも限界があるので、集中するべき仕事はまとめて一気に消化して、集中しなくても良い仕事は家事育児と平行してなんとなく済ませる。これを実現する為の朝一のスケジューリングこそが一番大事な気がしてきています。
集中力でいうと、自宅の方が集中力が高い。電話がかかってきたり、周りの雑音がなかったりするからです。これまで会社では耳栓をして集中力を高めていました。自宅で周りがうるさい時には、耳栓やAir Pods Proなどがいいかもしれませんね。
めちゃ細かくて面白いwww

自分に合った環境を在宅でどう実現するかなんでしょうが、私の場合はアロマデフューザーが大変役に立ってます。気分で香りを変えてリラックスしながら仕事やってます。
オンとオフをしっかり分けるのは大事ですね。昼のランチ休憩時間は特に意識して家族と食事してます。
この連載について
新型コロナウイルスとの闘いは長期化する。準備不足のまま突入した在宅勤務は一時的なものではなく、外出自粛期間が長引くにつれて定着するだろう。もともと仕事をする場ではなかった家の中で様々なストレスを抱え込んでいては、仕事のパフォーマンスは永遠に上がらない。腰を据えて、快適なテレワークを実現しよう。そのための環境整備と時間の過ごし方、立ちはだかる問題点を紹介する。