新着Pick
365Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
COVID-19の話題でもちきりですが、他にも先延ばしにできない課題はたくさんあります。

この件はもう6年半以上も接種率が低迷し続けており、
その間にも、毎年約3000人が子宮頸がんで亡くなり、毎年約1万人が子宮を失っています。
しかも、その中には若い女性が多く含まれます。

政治問題となってしまっており、科学的エビデンスだけでは事態は変えられないのが現状です。まずは多くの方にこの問題を知って頂きつつ、

【政治家の方・政治家のお知り合いがいる方へ】
HPVワクチン定期接種の積極的勧奨再開に向けて、ぜひ働きかけて下さい。
国民の命、若い女性の命がかかっているのです。党派とか派閥とかいっている場合ではないので、ぜひお願い致します。

【自治体の方へ】
2020年1月31日の第45回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会で、
『各自治体において接種対象者およびその保護者に対する情報提供を予防接種法施行令第6条の「周知」の一環として実施する方針』が了承され、
『各自治体にHPVワクチンに関する個別案内が求められるようになる』ことを意味していますので、ぜひ各自治体の方々は、市民への情報提供を見直して頂きたいです。

【メディアの方へ】
両論併記の概念も理解はしていますが、両論ある場合に、エビデンスにかかわらず全く同等に扱うことには、科学の立場からするとどうしても違和感があります。
6年前の報道だけが記憶に残っていて、不安が払拭されていない方も多くおり、その不安を払拭するための説明に外来でものすごい時間を割いています。
コロナの件でも痛感していますが、メディアの影響力は本当に大きいです。
ぜひ今度は、国民の不安を払拭するためにそのお力をかして頂きたいです。

【小6~高1の娘さんがいらっしゃる方へ】
無料で予防接種を受けられますが、多くの自治体では自分で自治体へ申請しないといけません。
全3回なので、高1の方は2回目以降は自費となってしまいます。1回約1万5千円と高価なので、せめて3月中に1回目を無料で接種されることをおすすめします。

【女性の方へ】
子どもの頃にHPVワクチンがまだなかった方が多いと思います。
ぜひ子宮頸がん検診を定期的に受けて下さい。

まだまだ予防できない病気がたくさんある中で、ワクチンで予防できる病気はぜひ予防して頂きたいです。
新型コロナウィルス対策はあんなに迅速に動くのに既にワクチンあるHPV対策は遅々として進まないという矛盾
産婦人科専門医、稲葉先生からのとても重要なメッセージです。ぜひご一読ください。

私も日本に帰国してから、このHPVワクチン含めて、日本の予防医療の現状と方向性に強い危機感を覚えています。

以前には、日本の健康診断の現状に関する記事も書かせていただきました。よろしければ、こちらも合わせてご一読ください。

https://newspicks.com/news/4153632/
「男子にも定期接種化しているオーストラリアでは、2026年には子宮頸がんは撲滅される、と試算されている。この流れは、ルワンダやブータンなどもHPVワクチンの接種率は90%以上にものぼる。このままでは、いずれ本当に子宮頸がんは日本特有の病気となりかねない。」とのこと。
ワクチンが男性にも有効、という部分は全く知らなかった。男性の場合は定期摂取の対象外ではあるようだが、どれだけ各種ガンの発症率の引き下げにつながるのかが自分事としては気になった。
男性の方も自分に関係がないと思わず、ぜひ読んでいただきたい。
産婦人科専門医/医学博士の稲葉先生によるHPVワクチン接種の解説記事です。
"ワクチン"という言葉が飛び交う今、ぜひ皆様にご一読いただきたいです。
妊娠中に中度程度の異形成が見つかって、早流産のリスクを覚悟で詳しい検査や治療に踏み込むか、悪化のリスクは覚悟して出産まで放置するかという判断を迫られた、なんて話も身近で聞いたことがあります…幸いにも、そのケースは出産後の検診で問題はなかったと聞いてはいますが。。

この複雑な時代にあっても、これほどメリットがはっきりしている政策領域なんてもはや珍しいと思いますし、これができずにEBPMとか言っても空虚ですよね…
コロナウイルスの件で、健康や予防医療への意識が高まって、はやくHPVワクチンへの偏見も取れればいいなと思います。

わたしは自費でやりましたが、すごく高いし、え?大丈夫?と一部知人からはなぜか不審がられるし、いまはまったく後悔してませんが、一瞬やめそうになってしまった記憶。
100種類ほどあるHPVのうちの16型と18型に関して、ワクチンつかえば100%予防できるということ。
頸がんの7割がこの二種か原因らしいので、予防の効果はあるってことですが、全てのHPV感染を予防できない以上、結局頸がん検診は二十歳を過ぎたら定期的にしないといけないってことは忘れちゃいけないですよね。

とはいえ、これは女性にしかわからないでしょうが、婦人科検診ほど憂鬱な時間はないです。だから、ワクチン打っても、検診から免れることはないってことは女の宿命ですね。。。

ちなみに新型肺炎のおかげで改めて統計っていう数字の切り口って面白いなと思いました。
PCRの検査の正確性が60%なのに騒ぐ人がいて、一方で、総じて70%の予防ができるHPV対策は進まない。

つねにリスクと効果というのは自分でみきわめてやるかやらぬか決めたらいいとは思いますが、数字の切り取りかたは冷静でありたいものです。
一般的に年を取ればとるほど癌になりやすいですが、子宮頸がんは若い女性がなりやすく、子供や家庭、仕事のことなど、罹患によるインパクトが特に大きい。副反応の訴えの報道はかつて大々的に、センセーショナルにされましたが、子宮頸がんの患者さんの報道は全くといって良いほどされませんでした。

先進国では男性でもHPVワクチンを受けるのがスタンダードになっている時代に、ガラパゴス化している日本。マスメディアなどの社会的な要素が関わる複雑な問題ですが、今後一歩ずつ解決に向かっていくことを期待しています。
この連載について
「ProPickers NOTE」では、NewsPicksプロピッカーが、様々なジャンルの注目トピックについての寄稿を連載していきます。